サムスン大幅減益!中国製スマホにやられ、シェアも急低下

サムスン大幅減益 中国製スマホにやられ… シェア32・3%→25・2%に低下


 韓国経済を牽引(けんいん)してきたサムスン電子の調子がおかしい。7月31日に発表した2014年4~6月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は7兆1900億ウォン(約7190億円)で前年同期比24・6%減少した。売上高は同8・9%減の52兆3500億ウォン(約5兆2350億円)だった。四半期の売上高が前年同期を下回ったのは、05年4~6月期以来9年ぶり。最終利益は6兆1800億ウォン(約6180億円)と、アナリストの事前の予想に届かなかった。
 8日に業績の暫定集計を発表していたサムスンだが、確定値をみても惨状はより鮮明となった。
 利益の7割を稼いでいたスマートフォンを中心とするIT・移動通信の営業利益が前年同期比で約3割減となり、全体の業績を押し下げた






 サムスンの業績悪化の要因として見逃せないのが中国の存在だ。主力のスマホ「ギャラクシーS5」が米アップルの「iPhone(アイフォーン)5s」に販売台数で追い抜かれたが、中国最大の無線通信事業者チャイナ・モバイル(中国移動)がiPhoneの取り扱いを始めて販売を伸ばした影響が大きい。
 また、低価格機種では“中国のアップル”と呼ばれる新興の小米(シャオミ)や、レノボ・グループが中国市場でシェアを伸ばし、サムスンを追い込んでいる。

 調査会社IDCによると、スマホ市場でのサムスンのシェアが4~6月期で25・2%と、前年の32・3%から大幅に低下した。サムスンは「下期も厳しさが続く」としている。
 韓国は朴槿恵(パク・クネ)政権が「従中路線」に傾斜しており、政治的にも経済的にも中国への依存度を高めている。そんな中、韓国経済における存在感が極めて大きいサムスンが、頼みの中国に裏切られるという皮肉な構図だ。
 これまで為替のウォン安政策を武器に、世界でシェアを伸ばしてきたが、これもウォン高に転じたことで利益を圧迫している。サムスン、そして韓国経済の「地金」が見えてきた
2014年8月1日17時12分 夕刊フジ

【関連記事】
スマホ販売に左右される韓国経済!サムスンの不振が韓国を・・・
サムスンに巨額賠償!?アップルへの賠償総額、米だけで940億円に
韓国サムスン!競合製品を貶める「逆ステマ」発覚などで罰金!
韓国経済大揺れ、サムスン帝国の瓦解!リストラ、会長も病床
日本より筋金入り…元社員ら語る“サムスンのブラック度”
韓国サムスンの「Galaxy」にハッキングができるバックドア!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-08-03 01:58 | 政治・経済(1341)