韓国軍の暴行事件、わずか1カ月で約4千件= 醜悪な虐待の数々

韓国軍の暴行事件、わずか1カ月で4000件に=おぞましい虐待行為の数々―韓国メディア


2014年8月4日、韓国のテレビ局YTNのウェブサイトによると、韓国軍の兵士が同僚の兵士から暴行を受け死亡した事件が、韓国で注目を集めている。軍が行った緊急調査では、2014年4月の1カ月間だけでも3900件余りの虐待事件が起きていることがわかった。中国新聞網が伝えた。




報道によると、虐待には言葉による侮辱や殴打などの暴力が含まれる。軍は暴力行為のあった兵士に対して休暇の取り消しや警告などの処分を下した。韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は、4月に起きた暴行死事件について、「文明社会が容認できない極めて悪質な事件」として、調査が必要との認識を示した。
7月31日の報道では、死亡した兵士を暴行した5人の兵士が殺人罪で起訴されている。この5人は4月、当時23歳の兵士を殴るなどした挙げ句、窒息死させた。兵士への虐待は日常的に行われており、歯磨き粉を食べたり地面に吐かれたつばを舐めたりするよう強要されたこともあったという
2014年8月4日(月)13時19分配信 Record China (翻訳・編集/北田)



韓国兵士、先輩兵に虐待され死亡、犬のように汚物をなめさせる

韓国「中央日報」の1日付の報道によると、韓国28師団のユン兵士が4月に部隊で殴打され死亡した事件の経緯は明らかになり、同師団で、先輩兵が新兵をいじめたことが明るみに出た。
韓国軍人権センターによると、虐待され死亡したユン兵士はいつも話や行動がゆっくりしていた。それにより、入隊後、毎日、先輩兵に殴打、虐待された。同部隊の幹部もユン兵士をいじめていた。兵士たちの体の健康を担当する伍長は、先輩兵たちの殴打を見て見ぬふりしていた。ユン兵士が殴打され倒れると、先輩兵は彼にブドウ糖を注射し、彼の意識が戻るとまた殴打し続けた

今年4月5日、先輩兵たちは午後9時前後から翌日午前2時まで、ユン兵士を殴打し続けた。翌日の朝、みんなはユン兵士が寝たのを理由に、ユン兵士を虐待し続けた。報道によると、先輩兵たちの虐待手段はたいへん残忍で、彼らはユン兵士に、犬のように汚物をなめさせたりもした。ユン兵士は数時間殴打されると死亡した。先輩兵たちはそれを自覚したがもう遅かった。

証人たちによると、これら先輩兵たちはユン兵士をいじめたほか、別の新兵をもいじめていた。新兵たちに翌日3時まで馬歩立ちさせ、更に新兵たちに練り歯磨きを食べさせたりもした。
ユン兵士の家族は裁判所に、ユン兵士をいじめた兵士たちに殺人罪を言い渡すよう請求した。韓国軍検察機関は関連する兵士がユン兵士を殴打した目的が殺人ではないために、傷害致死罪を言い渡す可能性があるとの認識を示した
。ただ、同部隊の大隊長や中隊長は停職処分を受けた。
2014年8月4日15時30分 新華ニュース(翻訳 李継東)

【関連記事】
戦後の米銃乱射事件ワースト11!見事、韓国人が第1位!!
兵士が銃乱射、10人死傷!原因は、またイジメ!=韓国
同じ韓国人にいじめられ、米大学で銃乱射!7人死亡。
自殺の増加!銃乱射で4人刺殺!韓国軍内部のいじめで5%も予備軍
韓国で深刻化する職場いじめ!45%がいじめを確認!
急増するLINEトラブル トークを利用した詐欺、いじめ動画流出

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-08-04 21:53 | 社会問題(489)