マイクロソフト、特許料未払いでサムスンを提訴!莫大な賠償も

MicrosoftがSamsungをAndroidライセンス契約不履行で提訴


 米Microsoftは8月1日(現地時間)、韓国Samsung ElectronicsをAndroidライセンス契約の不履行でニューヨーク南地区地裁に提訴したと発表した。
 MicrosoftとSamsungは2011年9月、両社の広範な製品に関するクロスライセンス契約を結び、Samsungはこの契約の下、Android搭載端末に関してMicrosoftにライセンス料を支払ってきた。
 だが、Microsoftが2013年9月にNokiaのハードウェア部門買収を発表して以来、Samsungはこの買収によってクロスライセンス契約の前提が崩れたとして、Android端末のライセンス料支払いを遅らせているという。

 Microsoftはこの提訴で、MicrosoftによるNokiaハードウェア部門の買収がSamsungとのクロスライセンス契約に影響を与えないという判断とSamsungへのライセンス料および賠償金支払い命令を申し立てた。
 MicrosoftはLinuxなどのオープンソースソフトが同社の多数の特許を侵害していると主張し、Samsungだけでなく、LG ElectronicsやDellなど多数のAndroid端末メーカーからライセンス料を徴収している。
 両社がクロスライセンス契約を締結した段階のSamsungの四半期のAndroid端末出荷台数は8200万台だったが、米調査会社IDCによると、2014年第1四半期には3億1400万台に増大。Microsoftはライセンス料を公表していないが、米Goldman SachsはAndroid端末1台当たり3~6ドルと見積もった
 SamsungはMicrosoftのWindows Phone搭載のスマートフォンを製造する、Microsoftのパートナー企業でもある。4月には米VerizonがSamsungのWindows Phone 8.1搭載端末「Samsung ATIV SE」を発表した。
 Samsungは声明文で「訴状の内容を検討した上で適切に対応する」としている。
2014年8月4日(月)10時48分配信 ITmedia ニュース

【関連記事】
韓国サムスンの「Galaxy」にハッキングができるバックドア!
サムスンに巨額賠償!?アップルへの賠償総額、米だけで940億円に
韓国LG製品がUSB内のファイル名などをこっそりサーバーに送信
韓国サムスン!競合製品を貶める「逆ステマ」発覚などで罰金!
サムスンとアップル、「第2次特許戦争」へ
サムスン大幅減益!中国製スマホにやられ、シェアも急低下
サムスン経営者の復帰なければ韓国は国家的な危機に直面も

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-08-05 01:08 | 政治・経済(1341)