韓国「旧日本軍慰安婦白書」発行へ!米国でも反日興行

韓国「旧日本軍慰安婦白書」、2015年末に発刊へ


シンガポール華字紙「聯合早報」の4日付記事では、韓国女性家族部は3日、旧日本軍の従軍慰安婦問題の実態を国内外に知らせるため「旧日本軍慰安婦白書」を2015年末に発刊すると発表した。
河野洋平官房長官(当時)は1993年に慰安婦問題に関する談話を発表し、旧日本軍による慰安婦強制連行を認めた。日本政府は河野談話の検証結果を最近公表した。韓国が白書を発刊することは日本政府の公表への対抗措置で、慰安婦問題に関する日本政府の譲歩を促すためだとみられる。





白書には、韓国政府が1992年に発刊した慰安婦実態調査の中間報告書に、新たに発見された慰安婦問題と関連資料、研究成果、国際上の動きなどが込められ、慰安婦制度の犯罪性や被害の実態を総合的に整理、分析する内容という。
日韓関係専門家、国際法専門家など10人で執筆陣を構成する。発刊のために、韓国女性家族部次官が団長を務める官民諮問団が設置される。国際影響力を拡大するために英語、中国語、日本語など海外版も発刊される。
2014年8月4日17時43分 新華ニュース (翻訳 金慧)


「女性の人権」踏みにじる日本を印象づけて…“反日月間”で元慰安婦ら訪米

 米カリフォルニア州グレンデール市に韓国系団体の強い要望で「慰安婦」像が設置されてから、30日で丸1年を迎える。この日は、同州選出のマイク・ホンダ下院議員(72)らが、慰安婦問題での日本非難決議を採択させた日でもあり、同市は「慰安婦の日」としている。さまざまなイベントが繰り広げられる中、韓国から元慰安婦2人が訪米。慰安婦像撤去を求めた在米日本人らの提訴を棄却するよう求めた。“反日月間”を迎え、動きが慌ただしい。

■積極行動はいらだちから
 ロサンゼルス国際空港に21日(現地時間)に到着したのは、李玉善さん(87)と姜日出さん(85)。2人は翌22日、ロサンゼルスの連邦地裁を訪れ、「供述書」を提出した。《私は道を歩いていたところ、近づいてきた40代の不審な男2人に突然、連れ去られました》。こんな内容から始まる供述書には、強制的に日本軍の慰安婦にさせられたという悲惨な体験談がつづられている。「被害者」の証言によって、「軍による強制」を強く印象づける狙いがあるとみられる。

 だが原告側が提訴に踏み切ったのは「議論の多い、政治的に微妙な元慰安婦の歴史において、グレンデール市が韓国側の立場のみを取っている」ことにある。
 元慰安婦らが連邦裁判所を訪れ、供述書を提出したことで、グレンデール市をサポートする韓国側が主導権を握ろうとしている様子がうかがえるが、連邦裁判所の判事が、詳細の確認が不可能な体験談を訴訟に反映させるかを決めているわけではない
 訴訟をめぐっては、中国系反日団体「世界抗日戦争維護連合会」も被告側を“支援”する意見書を連邦地裁に提出。「中韓共闘」の様相を呈したが、原告側は「意見書の内容は訴訟の本質とはまったく無関係」として、排除を要求した。
 被告側の積極的な動きが目立つのは、連邦地裁の判断がなかなかでないことへのいらだちともとれる。

■元慰安婦と一緒に戦う市議
 18日のグレンデール市立中央図書館。今年1月のフランス・アングレーム国際漫画祭で物議を醸した慰安婦漫画の展示が始まった。旧日本軍人が朝鮮半島の女性を性的暴行する様子を連想させるような作品などが並んだ。オープニングセレモニーには、慰安婦像設置に賛成した市議4人のうち3人(前職含む)が参加した。設置に唯一反対した当時の市長と、現在の市長の姿はなかった。
 「日系人の中にだって、この慰安婦像をサポートしている人もいる。正しいことをしよう」(キンテロ前市議)、「(慰安婦問題は)戦争になると女性にどういうことが起きるかというひとつの例なので、こうした女性らがいたことを認識することが大切だ」(フリードマン市議)、「元慰安婦と一緒に誇りを持って戦う」(ナジャリアン市議)…。

 いずれも、像撤去訴訟に立ち向かう姿勢を示し、日本側があたかも「女性の人権」を踏みにじっているといわんばかりの主張が目立った。
 李さんと姜さんは24日、慰安婦像を訪れた。献花、黙●(=示へんに寿の旧字体)(もくとう)し、像をなでながら「ありがたい。死ぬ前に日本政府から謝罪を受けることができるようしてほしい」と話した。韓国メディアは、その様子を食い入るように取材した。
2014年7月26日15時07分 産経新聞


ソウル市劇団 慰安婦演劇の全米横断公演等で反日盛り上げる

 韓国では8月15日の光復節(植民地支配解放の記念日)に向けて「日本叩き」に沸き立つのが年中行事だが、今年の盛り上がりぶりは凄まじいものがある。
 7月10日にはソウルのロッテホテルが、翌日に予定されていた自衛隊創設60周年の記念パーティ(日本大使館主催)について、会場を使用させないと通告してきた。「パーティ開催への抗議電話や爆破予告が殺到し、メディアも煽ったため安全確保が難しかった」(ホテル関係者)という。

 反日の炎が燃え上がる中、慰安婦問題を巡っても新たな動きが出てきた。
 8月4日に米ニュージャージー州のユニオンシティで、全米で8つ目となる慰安婦碑の除幕式が行なわれる。碑には旧日本軍がアジア各国の女性を「性奴隷」として強制連行したという内容が刻まれる。韓国問題に詳しいジャーナリスト・室谷克実氏が語る。

碑の設置と連動して、ソウル市劇団による慰安婦問題をテーマにした演劇『鳳仙花』の全米公演が始まります。7月末、慰安婦少女像の建つカリフォルニア州グレンデールの公演を皮切りに、ニューヨークの劇場までの大陸横断ツアーです。光復節まで反日感情を盛り上げ続けるのでしょう」
 1965年の国交回復にあたって日本政府が戦時賠償を終わらせているにもかかわらず、韓国は一貫して第二次大戦の「被害者」の顔を続けてきた。慰安婦問題にしても、日本軍による組織的な強制連行の証拠はないのに、敗戦国である日本が強く出られないだろうと嵩にかかって責め立ててくる
2014年7月30日07時00分 NEWSポストセブン(週刊ポスト2014年8月8日号)

【関連記事】
韓国元徴用工ら252人が提訴 最大規模、対象16社に拡大も
「嫌韓」ムードを払拭したところで日本に有益なものは何もない
「米軍慰安婦だった」と主張、韓国人女性122人が集団訴訟
大分県教組「慰安婦ツアー」 助成金出し格安「反日」
今の韓国を取り巻く「反日教育」の現実=TBS、Nキャス(文字起こし)
世界で激化する韓国人の反日嫌がらせ運動「日本人いじめの実態」

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-08-07 00:56 | 政治・経済(1341)