米NSA、韓国は「米国にスパイ活動を行う国」しかも“最も脅威

米NSA、韓国は「米国に対するスパイ活動を行う国」・・しかも“最も脅威が大きい国”に分類されている―韓国メディア


韓国・KBSワールド中国語電子版の6日付の報道によると、米国国家安全保障局(NSA)は韓国を「米国に対するスパイ活動を行う国」リストに入れ、「最も脅威が大きい国」に分類した。
米独立系ニュースサイトのザ・インターセプトが6日、中央情報局(CIA)元職員、エドワード・スノーデン容疑者が明らかにしたNSAの機密文書から、中国、ロシア、キューバ、イスラエル、イラン、パキスタン、北朝鮮、フランス、ベネズエラ、韓国の10カ国が「最も脅威が大きい国」に分類されていることが分かったと報じた。

同サイトはまた、米政府がイスラエル通信情報国民部隊(ISNU)に長い間、パレスチナに関する重要情報を提供し、NSAとISNUの情報協力をめぐってイスラエル側に巨額の現金を提供していたとも指摘した。
2014年8月6日(水)17時53分配信 XINHUA.JP(編集翻訳 恩田有紀)





“地に落ちた”韓国の情報機関=同盟国の米国は韓国を「諜報活動で脅威となる国」に指定―韓国メディア

2014年8月7日、韓国メディアによると、国際危機グループ(ICG)は韓国の情報機関に関する報告の中で、「韓国の情報部門は機密漏えいと政治への介入といった問題が根強い」と指摘した。環球時報が伝えた。
韓国・東亜日報によれば、報告では「李明博政権時に国情院の院長を務めた元世勲氏が根拠のない北朝鮮崩壊論を主張したことで、同盟国の米国ですら韓国と機密情報の共有を憂慮している。さらに、朴槿恵(パク・クネ)政権でも、南在俊(ナム・ジェジュン)元国情院院長が2007年の南北首脳会談議事録を大統領の許可なしに公開し、国情院の評判は地に落ちた。これにより、米国を含む世界の情報機関関係者らは“韓国とは北朝鮮に関する機密情報を共有しない”との姿勢を示している」と述べている。

このほか、韓国日報は米メディアを引用し6日、「米中央情報局(CIA)元職員のスノーデン氏が公開した情報によれば、米国家安全保障局は米国の政府や軍事、情報分野における諜報活動で脅威となる国家に中国、ロシア、北朝鮮のほか、韓国も指定している」と報じた。(翻訳・編集/内山)
2014年8月8日(金)7時10分配信 Record China

【関連記事】
産業スパイで韓国特許庁のデタラメ結論 国ぐるみの技術窃取
韓国、中国の名門大学に留学生スパイを大量投入!日本には?
金大中ノーベル賞獲得は工作!暴露のスパイ、米国に亡命=韓国
ボーイングの次期主力戦闘機部品 韓国が無断分解?
間抜けな韓国スパイ、外国特使と潜入中に鉢合わせ!
韓国人!米軍に入隊して市民権続々獲得!何を目指す??

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-08-14 01:28 | 政治・経済(1341)