韓国で相次ぐ財閥・大企業トップの経済犯罪、その背景とは?

韓国で相次ぐ財閥・大企業トップの経済犯罪、その背景とは?―米メディア


2014年8月31日、フォーブス中国語版は記事「なぜ韓国トップ企業のリーダーはしばしば入獄するのか?」を掲載した。
韓国を代表する数々のトップ企業。そのビジネス上の成功と同じかそれ以上に目を引くのが企業トップの逮捕、服役だ。2014年には韓国三大財閥のトップ、長者番付上位から6人が有罪判決を受けた。
ほとんどが執行猶予付きの懲役刑か罰金刑のみだが、三大財閥の一つ、SKグループの崔泰源会長のように実際に服役するケースもある。崔会長は横領罪で懲役4年の判決を受けた。何人もの企業トップの罪を赦免してきた李明博前大統領とは異なり、朴槿恵(パク・クネ)大統領は有罪判決を受けた場合には容赦はしないと公言している。

なぜ韓国の企業トップはたびたび有罪判決を受けるのだろうか。その要因は1997年のアジア金融危機にさかのぼる。韓国は個人株主が保有できる株式は議決権ベースで3%までとの規定を制定した。財閥トップは秘密裏に株式を親戚や友人の名義に換えることで売却を免れたが、今その株式を買い戻すために会社の金を使い横領などの容疑で摘発されるというケースが多い。一族支配の企業が相続税のために株式を売却しなくても済むよう横領する事例も少なくない。

また、朴槿恵大統領の父、朴正煕元大統領が「圧縮成長」と呼ばれる経済成長最優先の方針をとったため、企業の遵法意識が低いこと。さらに財閥と政治の癒着も悪質な経済犯罪が横行する背景だ。引退した官僚や裁判官を大企業は好待遇で雇い入れている。引退後の生活を考えれば、大企業や財閥に厳しく対応することが困難だという。
2014年9月2日(火)6時30分配信 Record China (翻訳・編集/KT)

【関連記事】
桂銀淑、詐欺の共犯は朴大統領いとこの長男…詐欺の常習犯だった
韓国警察から脅威の数字!犯罪者の6%しか逮捕されてない!?
さすが韓国!李政権の政府高官も18人が性犯罪で懲戒
韓国国民の5人に1人が元犯罪者!?前科者は1108万人に!
兄も息子も?韓国の李大統領、退任後「逮捕or自殺」が濃厚に!
「むかつく上司と後輩を見た時に表れる症状」、火病が35%=韓国
韓国!社員の横領数、日本の50倍以上?11ヶ月で2万8547件

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-09-05 23:39 | 政治・経済(1341)