突然、道路が大陥没!いったいナゼ? 韓国ソウルが穴だらけ

いったいナゼ? 韓国ソウルが穴だらけに!?


急に地面が抜け落ち大きな穴が開くシンクホール(陥没穴)現象が、韓国ソウルの都心部で相次いで発生している。
この6月には国会議事堂前の道路が深さ3メートルほど陥没。7月にはマンション団地前の歩道が2メートルほど突然陥没し、歩行者がケガをした。さらに8月15日から17日にかけて3つの空洞が発見され、16日の空洞などは幅5.5メートル、深さ3.4メートル、長さ5.5メートルとかなりでかい。さらに続けて18日にも新たな地下空洞が5つ発見されたというから、まさに穴だらけ。18日に見つかった空洞は最も規模が大きく、なんと長さ13メートル、深さ2.3メートル、幅4.3メートルもあった。大型トラックもすっぽり入ってしまう大きさだ。




そもそもシンクホールとは、地盤の侵食など自然現象によって地中の空洞化が進んで引き起こされる現象だが、人為的なミスにより空洞化が進む場合もある。ソウル市で見つかったシンクホールは、すべて地下鉄9号線の敷設工事が原因と見られている。
この頻発するシンクホール(陥没穴)現象に対し、韓国のネットユーザーからは自嘲的な声が寄せられている。いくつか挙げてみたい。
「『乱開発』という言葉がぴったり。自然を破壊した代償だ」
「ソウル市民はスーパーマリオじゃあるまいし。穴が空いたらタイミング良く飛べってか?」
「2014年、韓国国民の最大の課題は生き残ること。みんな気をつけよう!」
事態を重く見たソウル市は、近く専門家と共に精密調査を行い、最終的な原因と対策を発表する予定だ。
2014年9月6日10時00分 日刊大衆



韓国国内で地面の陥没が頻発、無計画な地下インフラ整備に警鐘―華字メディア

韓国国内の華字メディア・奮闘韓国は28日、ソウルなどの韓国国内大都市で地面の陥没事故が発生しており、行き過ぎた開発の副産物であると報じた。
韓国では大邱市で18日と26日、ソウルで22日、光州広域市で23日にそれぞれ地面の陥没が発生。また、2012年1月から今年7月までのあいだに全国で70件の陥没事故が起きている。なかでも、ソウルの123階建ての第2ロッテワールドビル建設現場付近では直径80メートルに及ぶ大規模な穴が地面に開いた。
専門家は、陥没事故の多くは老朽化した下水管の破裂で地下の土が流され、空洞が発生することが原因と分析した。また、過度の開発の副作用として陥没が発生するケースもある。ある専門家は「国内で起きた地面の陥没事故は、予防できるはずの人災だった。上下水道や地下鉄といった地下都市基盤の管理が死角になっている」と 語る。

実際、韓国当局は地下空間の管理を重視してこなかった。環境部は27日、全体の約10%にあたる約1万629キロメートルの下水道に沈積した泥の除去を行ったところ、約44万7000トンの泥が出てきたことを明らかにした。これは10年分の堆積物に相当するとのことだ。 
ソウルを例にとれば、地下にはそれぞれ約1万キロメートルの上下水道のほか、9000キロメートルのガス管、3400キロメートルの電力ケーブルが張り巡らされている。韓国環境政策評価研究院の専門家は「数十年にわたり好き勝手に開発してきた地下空間について地図を製作し、多くの組織が共同参画する管理機構を設立すべきだ」と指摘している。
2014年8月31日(日)5時50分配信 XINHUA.JP (編集翻訳 城山俊樹)

【関連記事】
韓国は道路も危険!50日前に大陥没した地域でまた陥没
韓国ソウルで相次ぐ道路陥没!世界で6番目に高いビル建設中止か
韓国の新築マンションが倒壊寸前!30度傾く!!
韓国各地で道路崩落事故が相次ぐ
韓国の亀尾!有毒物質流出や爆発など事故多発!
韓国で整形手術の死亡事故が頻発!罰則も軽く、国も見て見ぬふり

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-09-08 02:09 | 社会問題(489)