大将は泥酔、准尉はレイプ 韓国軍の不祥事止まらず

大将は泥酔、准尉はレイプ 韓国軍の不祥事止まらず

 部隊内の暴行など不祥事が続く韓国軍で、東部の軍事境界線付近を管轄する陸軍第1軍司令部の司令官、申鉉惇大将が6月に担当地域を離れて知人と酒を飲み、泥酔していたとして8日までに更迭された。韓国メディアによると、空軍准尉ら2人も米韓合同演習中の8月、サウナで女性に性的暴行を加えたとして拘束された




 申大将は朴槿恵大統領が外遊中で軍の警戒態勢が強化されていた時期に泥酔。部隊へ戻る途中、高速道路の休憩所のトイレに憲兵に背負われて入り、その間憲兵が一般人のトイレ使用を禁じたため騒ぎになったという。
 軍は問題を隠蔽していたが、大統領が最近、更迭を指示した。
 国防省は8月、2012年の大統領選で軍サイバー司令部がインターネット上で野党候補を批判したとされる問題で、計21人が関与し、軍の政治関与を禁じた軍刑法に違反したとの捜査結果を発表。綱紀のゆるみや政治介入などで、韓国国民の軍を見る目は厳しさを増している。 (共同)
2014.09.08 夕刊フジ http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140908/frn1409081203004-n1.htm



またも韓国軍で新兵への虐待が判明、休暇中の兵士による強姦未遂も―韓国メディア

2014年8月28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国陸軍江原道鉄原郡中部の兵営で、新兵に対する暴行やセクハラなどが起きていることが判明し、韓国軍が調査を進めている。環球網が伝えた。
韓国軍によると、陸軍A師団所属の2つの部隊で、任務に習熟していない等の理由で、複数回にわたって新兵を殴り、特定の部位をたたくといったセクハラが行われた。部隊は当事者1人を勾留し、他1人を立件している。
また、B師団では一等兵2人が新兵の口に石を入れる、暴言を吐くといった虐待を行っており、軍事検察院は逮捕状を請求した。軍側は、他にも同様の案件が発生している可能性があり、兵営から暴力を徹底的に排除すると述べている。
韓国軍関係者は「兵士を対象に行った面談やアンケート調査で、兵営内で問題が起こっていることがわかった。事件の深刻性や、自首の有無を考慮して徹底的に捜査し、事実に基づいて厳しい罰を与える」と語った。
また、8月2日にはC師団のある兵士が休暇中に20代の女性に対する強姦未遂で警察に逮捕される事件が起こっている。
2014年8月29日(金)8時19分配信 Record China (翻訳・編集/岡本悠馬)

【関連記事】
韓国軍で性的スキャンダルが頻発!部下を家に連れ帰り強姦
韓国軍の暴行事件、わずか1カ月で約4千件= 醜悪な虐待の数々
韓国軍隊!ゲイ(ホモ)多数!?男性同士の性犯罪が深刻化
自殺の増加!銃乱射で4人刺殺!韓国軍内部のいじめで5%も予備軍
次々強姦し、殺害!妊婦の腹から胎児が出るまで踏む=韓国軍
韓国軍による凄まじき「ゴダイの大虐殺とレイプ」の証言=ベトナム

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-09-10 01:12 | えっちな♪(400)