舛添都知事が韓国・朴大統領に揉み手で交わした“背信公約”とは

舛添都知事が韓国・朴大統領に揉み手で交わした“背信公約”とは?(1)ペコペコ頭を下げる醜態

 7月23日から25日まで訪韓した舛添要一東京都知事(65)。自信満々で臨んだ朴槿恵〈パク・クネ〉大統領(62)との会談で、ペコペコ頭を下げる“醜態”をさらし、都民への「背信公約」まで交わして帰国したのだった。
「ささやかながら暖かい風を吹かせることができた」
 朴大統領との会談後、日韓の記者団に訪韓の意義を語った舛添知事。本人の自己満足とは裏腹に、韓国メディアからは「安倍晋三の特使」と揶揄され、日本メディアからは「弱腰」と叩かれる惨憺たる結果に終わった。




 都知事の立場で「韓国外交」をした理由を、都政担当記者が説明する。
「ソウルとは友好都市ですが、石原都知事時代に関係がこじれてから18年間訪問がとだえていました。舛添知事が就任してから、ソウルの朴元淳〈パク・ウォンスン〉市長から招待されたことで、訪韓が実現したのです」
 青瓦台〈せいがだい〉(韓国大統領府)では朴大統領とも会談した舛添知事。2人ともフランス留学の経験があり、会談前はフランスの話で盛り上がっていた。しかし、テレビカメラの前で会談が始まると、和やかな雰囲気は一変。朴大統領は険しい表情で、冒頭からこう牽制したのだった。
「一部政治家の不適切な言動で困難がのしかかっている。『正しい歴史認識』を共有しながら両国が安定的に関係を発展させていけるよう力を尽くしてもらいたい。従軍慰安婦の問題は誠意ある努力で解決することを期待している」
 舛添知事は反論もできず、ただ安倍晋三総理(59)から託された「日韓関係の改善のために努力する」というメッセージを伝えるので精いっぱい。韓国のテレビでは、知事が背中を丸め、媚を売るかのような笑顔でうなずく場面が繰り返し放送された。

 政治評論家の屋山太郎氏は、こう苦言を呈する。
「韓国紙でもその時の写真が使われ、まさに国辱的行為だった。握手をしてペコペコ頭を下げたらどう政治利用されるのか、まったく理解していない」
 政府関係者もこう嘆く。
「本人は外交に自信があって、パイプ役として安倍さんにアピールしたかったんでしょう。舛添知事は24日に鄭義和〈チョン・ウィファ〉国会議長と会談した時に、『安倍首相とはいつでも会える特別な仲』と強調していた。利用されただけで、総理のパイプ役としての期待はみごとに裏切られました」
 安倍総理・朴大統領の両方に揉み手ですり寄った「コウモリ外交」の失敗は、それだけではなかった。
2014年9月9日09時56分 アサ芸プラス
http://www.asagei.com/26158 ←他にも面白い記事が盛りだくさん!



舛添都知事が韓国・朴大統領に揉み手で交わした“背信公約”とは?(2)舛添家と朝鮮半島との“ゆかり”

 知事への批判は他ならぬ都民から殺到している。
「韓国を訪問してから1カ月で、都庁にはメールで約1万9300件、電話で2400件の問い合わせがありました。『日本のことが嫌いな韓国となぜ協力するのか』『韓国のために都の税金を使うな』と、そのほとんどが批判的意見です」(東京都政策企画局)


 都民が怒る第一の理由は、舛添知事が東京に「韓国人専用学校」の建設を約束していたことにある。
「朴大統領との会談で、『首都圏に韓国学校が一つしかなく、敷地確保の段階で困っています』と相談された舛添知事は、『全力をあげて協力したい』と快諾しました」(都政担当記者)

 なぜ韓国だけに便宜を図るのか──答えは、7月27日の「中央日報」日本語版の記事で知ることができる。
〈舛添知事は都知事の名札にハングルの名前を併記するほど親韓派〉
 自著「私の原点、そして誓い」(08年・佼成出版社)でも、知事の韓国に対する特別な思いがつづられている。
〈舛添家発祥の地は福岡県ですが、わが家は先祖代々朝鮮半島とはゆかりが深く、あとで紹介しますが、私の父は自分の選挙ビラにハングル(朝鮮文字)でルビを振った最初の日本人だったようです〉
 鄭議長との会談では、当時の選挙チラシ写真を見せて、韓国への親密さをアピールしたという。

今でもソウル大使館前では反日デモが繰り返され日韓関係は最悪なのに、『韓国学校』という恩恵を与える理由がわからない。23区内に利便性の優れた用地が空いているとは思えないし、空き地があるなら福祉や介護施設を優先して、まず都民に還元すべきだろう」(屋山氏)
 都民より隣国のご機嫌取りが大事な舛添知事。ソウル大学の講演でこんな発言をしたことが、韓国の「聯合ニュース」で報じられた。
90%以上の東京都民は韓国が好きなのに、一部がヘイトスピーチをして全体を悪くしている」
 5月に読売新聞社と韓国日報社が行った共同世論調査では、日本側の73%が「韓国を信頼できない」と回答しているだけに、9割もの都民が韓国を好きとは考えづらいのだが
‥‥。
2014年9月10日09時56分 アサ芸プラス
http://www.asagei.com/26160 ←他にも面白い記事が盛りだくさん!



舛添都知事が韓国・朴大統領に揉み手で交わした“背信公約”とは?(3)東京五輪を巡る日韓関係は?

 舛添知事と朴大統領との会談では、「2018年平昌〈ピョンチャン〉冬季五輪と、2020年東京夏季五輪の開催成功に向けて協力」することも確認されている。舛添知事に近しい関係者が言う。
「東京五輪を盛り上げるためには、近隣の韓国や中国から多くの観光客が足を運ぶことが必要だと考えています。今回の訪韓で東京は『嫌韓』ではないとアピールするため、関係修復の1歩目にしたかったのです」
 従軍慰安婦問題をはじめ、今までさんざん韓国に利用されてきて、五輪だけ都合よく協力できるのか。屋山氏はこう危惧する。
「『協力』という言葉がいちばん怖い。東京五輪が大成功したら『韓国が協力したからだ』と、自分たちの手柄だと利用されるだけです


 東京五輪より2年早く開催される平昌五輪では、「早くも不穏な動きが見られる」と言うのは、スポーツジャーナリストだ。
平昌五輪は、韓国の五輪組織委員会が当初見立てた計画どおりに進んでいません。会場建設やスポンサー確保が遅れ、財政難で開催すら危ぶまれています。世界で恥をかく前に日本に会場費用などを負担させようと画策しているようです」
 すでに来季のスノーボードW杯は開催地だった平昌が突然辞退。押しつけられるように旭川市で開かれる見通しで進んでいる。それだけに、舛添知事が韓国と「協力」を交わした五輪でも、何かが起きないかと心配されている
のだ。

 最近では、舛添知事が4月に訪問した北京での「外交」が話題になった。「人民中国」(東方書店)8月号に舛添知事のインタビューが掲載され、中日友好協会会長に印鑑を作ってもらったという発言内容に関して、作家の竹田恒泰氏が自身の公式サイトで印鑑の“意味”を指摘している。
「何をもらってもいいけど印鑑だけはもらっちゃいけないですよ。上下関係になるから。印鑑を与える者と印鑑をもらう者というのは主従関係になるわけです


 脇の甘さからボロが出る知事の中韓外交について、「ディス・イズ・コリア」(産経新聞出版)の著者・室谷克実氏はこう評する。
中国は舛添知事をバカにして扱い、韓国は『日本の将来の総理大臣候補とされる人物も、我が大統領の前に出ると、ぺこぺこ頭を下げるサーバント(使用人)風情だ』と、国民教育の材料にした。『用日(日本を利用する)』の戦術によって笑顔を見せることはあるが、反日の本質は変わらない。彼らの『用日の笑顔』にだまされて利用されてはいけないのです」
 韓国に媚を売る暇があるなら、都民の声に耳を傾けるほうが先ではないのか

2014年9月11日09時56分 アサ芸プラス 
http://www.asagei.com/26164 ←他にも面白い記事が盛りだくさん!

ちなみに、今月、9月2日の定例会見で舛添知事は、「国益に沿わないことはよくないが、教育を受ける権利はある」と朝鮮学校補助金交付に前向きな姿勢を見せている(2014/9/3 産経)。都知事は就任以前の2010年に、在日韓国商工会議所で開催されたセミナーにおいて、「景気回復のためにも、金融機関は低金利で在日韓国人らにも融資すべき」と発言するなど、韓国優遇策を事あるごとに強調してきていた(2014/8/24 Business Journal)。

【関連記事】
「洗脳教育」進める朝鮮学校授業料をタダにする文科省の異常
民主党・社民党幹部に帰化の子孫多い 石原都知事が発言
「日本人の9割は韓国好き?」舛添都知事の訪韓にブーイング!
都民の血税で韓国学校と舛添都知事約束=韓国だけ便宜は困難
配慮に重きを置いた韓国外交を見直す時=安倍元総理
脱原発派、在日・反日だらけ!?大量潜伏?スパイも?

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-09-13 01:40 | 政治・経済(1341)