韓国の最新鋭艦、主要装備は40年前の水準と判明

韓国の“最新鋭艦”、主要装備は40年前の水準と判明・・「笑いすぎて腹が痛いよ~」「国全体がここまで落ちぶれて…」―韓国ネット

複数の韓国メディアによると、韓国の自主技術で建造された“最新鋭”水上救助艦「統営」の主要装備であるソナーが、1970年代に建造された救助艦と同レベルであることが判明、問題になっている
報道によると、2010年に防衛事業庁が統営のソナーの機種選定を行う際、合同参謀本部の要求した性能を勝手に変更し、70年代建造の救助艦「平沢」と同レベルに落としていたという。にもかかわらず、防衛事業庁は本来は2億ウォン台で買えるはずのソナーを41億ウォンで購入していたという。

統営は、1590億ウォン(約166億円)をかけて2012年9月に進水した。本来は運用試験を経て同年10月に海軍に引き渡される予定だったが、様々な装備の欠陥が明らかになったために海軍が受領を拒否し、現在に至っている。このため、今年4月のセウォル号沈没事故にも出動できず、一部で批判を受けていた。
防衛事業庁は今年5月、統営の欠陥を改善したうえで9月までに海軍に引渡しが行われるという見通しを示していたが、引渡しの日程は今も決まっていない。一部メディアは、「来年も通常作戦に投入できない可能性が高い」などと報じている。




これに対し、韓国のネットユーザーからは憤りの声が多く寄せられている。主な意見を紹介しよう。
「公開銃殺しろ。大韓民国の不正は、関係者の実名報道さえ可能なら半分に減るだろう」
「防衛事業庁、こいつらまた着服しやがったな。どれほど中抜きした?」
「2010年当時の防衛事業庁の責任管理者を拘束して、この事件の真偽を全面的に捜査しろ」
「2億ウォンのソナーを41億ウォンで買ったと… 防衛事業庁のやつらにはスパイも真っ青だな」
「戦争が再開したら韓国の兵器稼働率は何%だ?心配でしょうがない…」
「ああ!軍事マフィアよ、ひと頃お前達が守護してみせると夢を抱いた祖国、背後に回って国に刀を向けるのか」
「国全体がここまで落ちぶれて。セウォル号はその一つに過ぎません。国防の納品不正が、その恥部をさらけ出していますね」
「敵よりも厳しい処罰を。国と後世を救うためにも」
「笑いすぎて腹が痛いよ~休戦国で(笑)」
「こんな売国奴がどこに?税金がジャージャー漏れる音が聞こえるぞ。監査院は何してる?」
「死刑にして。39億ウォンが駄菓子屋のガム代だとでも?防衛事業庁はこれを機に廃止を」
「何も語るな。即刻拘束して不正を残さず暴き、全財産を没収して死刑に」
2014年9月20日(土)1時10分配信 XINHUA.JP (編集 兼田)

【関連記事】
「軍備」もパクリと偽造の韓国 完成しない戦車、沈没する装甲車
韓国の造船受注量が70%の大幅減、中国が再び世界シェア1位
韓国が輸入する旅客船の6割は日本では走れない「老朽船」
韓国軍で相次ぐ事故…戦闘機、離陸直前にミサイル“落下”
現代自動車、米国で22万台リコール!エアバック突然開く
韓国軍の暴行事件、わずか1カ月で約4千件= 醜悪な虐待の数々

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-09-20 23:51 | 政治・経済(1341)