日韓戦で“疑惑の風” 空調操作か!韓国アジア大会・バドミントン

日韓戦で“疑惑の風” 空調操作か アジア大会・バドミントン男子


 韓国・仁川で開かれているアジア大会で、日本チームが過酷なアウェーの洗礼を受け、問題となっている。21日のバドミントンの男子団体準々決勝で、日本のエース、田児(たご)賢一(25)=NTT東日本=の試合中に“疑惑の風”が吹き、逆転負けを喫したのだ。会場の空調が操作された可能性があるといい、過去にもたびたび疑惑が浮上してきた韓国スポーツに批判やあきらめの声が上がっている。

 日本男子団体は韓国と接戦の末、2-3で敗退。男子は、5月の国・地域別対抗戦トマス杯で世界一に輝いた「王者」だっただけに、まさかの敗退にショックが広がっている
 日本は、1番手の田児の試合で韓国側に有利な風が吹き、敗戦したことが大きく響いた。
 スポーツニッポンによると、田児が21-12で奪った第1ゲームは無風だったが、第2ゲームに入ると、田児を向かい風が襲ったという。コートチェンジした第3ゲームは風向きが変わるはずだったが、再び向かい風となり、1-2で逆転負けを喫した
 バドミントンのシャトルは軽いため、向かい風は圧倒的に不利。隣のコートでプレーしていたインドネシアの選手からも「風向きが変わった」との指摘があったという。




 読売新聞によると、田児は試合後、「何を言っても言い訳だが、第2ゲームで風が吹いてきて、その後もあんなに風が変わるのは経験したことがない。でも相手は風が変わるのを分かっていたように落ち着いていた」と語ったという。日本代表の舛田圭太コーチも第2ゲーム途中に審判本部に抗議し、空調の変化があったとの見方を示している

 スポーツのフェアプレー精神を冒涜(ぼうとく)するような行為だが、新著『ディス・イズ・コリア』(産経新聞出版)がベストセラーとなっているジャーナリストの室谷克実氏は、「1988年のソウルオリンピックでは、ボクシングの試合中、韓国選手がノックアウト寸前になると、停電が2度ほど起きた。汚い手を使ってでも勝てばそれでいいという考え方。今回に始まった話ではない」と指摘する。
 日本バドミントン協会は夕刊フジの取材に対し、「状況に対応できず敗戦しただけ。抗議はしない」としている。日本オリンピック委員会(JOC)に試合内容などを報告する際、一連の状況についても記載する方針という。
 ひどすぎるアウェーの洗礼に打つべき手はあるのか。
2014年9月22日17時06分 夕刊フジ

ちなみに、TBSによると 「突然、風が強くなったり、逆のコートに行くと、止まったり、逆の風が吹いてきたり。ちょっと、私的にも疑問に思うところが」(日本代表 舛田圭太コーチ)  「2ゲームになったら、いきなり風が吹き始めたので。途中で風が変わるのもそうですし、そういうことは他の国ではないので」(日本代表 田児賢一選手)。表彰台を逃したのは44年ぶり(2014年9月22日TBS系(JNN) )だそうです。

【関連記事】
「W杯韓国ベスト4進出は八百長!?」元FIFA副会長の韓国人
<ブラジルW杯>韓国人、日本の敗戦に「韓国の勝利よりハッピー」
米タイム誌、史上最悪の開幕式に「ソウルオリンピック」を選定
IOC理事に「親韓派」ゾロリ、五輪除外の裏に「韓国マネー」か
日韓が五輪で「全面協力」の報道に激怒!平昌冬季五輪の裏
韓国ネットで「平昌五輪返上しろ」の大合唱、開催に渦巻く不安!?

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-09-23 13:14 | 社会問題(489)