どんな時も「反日」を忘れない韓国!メディア専用バスでも・・・

<ボイス>どんな時も「反日」を忘れない韓国、アジア大会で中国人記者が目撃したものとは?
a0232045_2353099.jpg2014年9月30日、歴史問題や領土問題をめぐる日韓の衝突は絶えないが、衝突は韓国の仁川で開催されているアジア大会でも垣間見ることができる。今月28日には、サッカー男子準々決勝の日韓戦で、韓国側の観客席に初代韓国統監の伊藤博文を襲撃した安重根の顔が描かれた旗が掲げられた。

日韓の関係について中国人記者は、「仁川アジア大会の取材を終え、メディア関係者専用のバスに乗車し宿泊先に戻る際、乗客の大半が日本人と中国人記者であることに気が付いた。そんな中、バスの中で放映されていたのは韓国の抗日ドラマだった」と国際的なスポーツイベントでも反日感情が色濃く表れている韓国の実情を伝えた。
2014年9月30日(火)17時40分配信 Record China (翻訳・編集/内山)



もちろん、スポーツに政治を持ち込むのは問題で ↓

日韓戦に安重根の肖像画 FIFA規定違反の可能性
 サッカー男子準々決勝の日韓戦が行われた会場で、韓国サポーターが初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した独立運動家、安重根の肖像画が掲げられた。
 両国のサポーター間に混乱はなかったが、政治的な活動を禁じる国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反する可能性がある。
2014.9.29 00:22 [サッカー]産経新聞

軍でも ↓



韓国軍、軍隊で抗日映画を100回上映、士気を喚起

韓国・聯合ニュースの報道によると、韓国国防部は21日に「今月22日から来月31日までの40日間に、韓国の陸海空軍や海兵隊などで抗日映画『鳴梁(ミョンリャン)』を上映する」と明らかにした。韓国軍の関係者によると、軍隊が兵士に向け、映画を上映するのは初めてである。少なくとも6万人はそれを鑑賞する。
1597年に壬辰倭乱が発生した際、韓国水軍統帥の李舜臣が戦艦12隻を率い、倭寇戦艦330隻を打ち負かし、韓国歴史上の「鳴梁大捷」を達成したのはその内容である。今回の上映計画は「鳴梁」製作会社が持ち掛けたものである。韓国軍はその際、海軍軍艦「李舜臣」での上映を検討した。

韓国・ニューシスの21日付の報道によると、上映し始めた7月以降、「鳴梁」は記録更新を持続し、入場人数は今現在、延べ1750万人を超え、韓国歴史上で見られない大作映画となった。韓国軍関係者によると、任務執行などの事情から、多くの韓国軍人にとって、映画を見るのは容易ではない。韓国軍は「鳴梁」上映により、士気を喚起し、歴史上の教訓を生かし、軍人の国家保護の職責を喚起し、軍人の民族国家観と誇りを一段とアップさせる。
2014年9月22日10時23分 新華ニュース(翻訳 李継東)

【関連記事】
日韓の友情映画にも「なぜか」反日教育!?
韓国人と結婚すると子供も反日?韓国の洗脳じみた反日教育!
韓国女子大生の7割弱が「最大の敵国は北朝鮮より日本」
今の韓国を取り巻く「反日教育」の現実=TBS、Nキャス(文字起こし)
日本人はもっと怒るべき!反日中傷繰り返す韓国に経済制裁の声
世界で激化する韓国人の反日嫌がらせ運動「日本人いじめの実態」

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-10-02 02:43 | 政治・経済(1341)