返信しないと不安。広がる「LINEいじめ」 外部の目 届かぬ危うさ

返信しないと不安…広がる「LINEいじめ」 外部の目、届かぬ危うさ 


【ニュース『深・裏・斜』読み】
 スマートフォンなどで使える無料通話アプリ「LINE(ライン)」を悪用した中高生らのいじめが問題視されている。かつてネットいじめの温床とされた「学校裏サイト」と違い、外部の目が届きにくく、些細な書き込みから人間関係をこじらせ、事件に至ることも。危うい若者のLINE事情を追った。(伊藤鉄平、松岡朋枝)





 ■無視や悪口が怖い
 今年5月に両親にスマートフォンを買ってもらったという奈良県内の中2女子(14)は、友人とLINEを始めようか悩んでいる。3年生の間でいじめがあったといい、「LINEで無視したり、名指しで『死ね』って書いたり。怖いと思った」という。

 ネットいじめ対策を行う「全国webカウンセリング協議会」(東京)の安川雅史理事長によると、LINEに関するいじめの相談はアプリの急速な普及に伴い、昨年から増え始めた。仲間内で文字や写真をやり取りできる「グループトーク」機能に関する中高生の相談が大半を占める。
当初は、友人同士で作ったグループにアクセスできないように突然設定され、「仲間外れにされた」などとする相談が多かった。
 だが、昨年11月に運営会社が対策を講じ、「○○(メンバー名)が××を退会させました」と表示され、グループのだれが締め出したのかが分かるようにすると、こうした相談は減少。それに代わって無理やり裸にさせるなどした写真や動画を同級生に配り、笑いものにするなどの被害相談が目立つようになった。
 LINEは平成23年6月に韓国から上陸。タレントのベッキーさんを起用したテレビCMが若者に受けて普及し、国内利用者は現在4500万人以上に及ぶ。
ソフトウエア大手「ジャストシステム」(徳島)が6月、大学生750人に行った調査では、46・8%が「LINEがなかったら学生生活はつまらなくなる」と回答。一方、LINEはメッセージを開くと相手に「既読」と表示されることから、調査では「読んだことが相手に分かるので返事をしないと悪いと思う」が71・4%に。「返事をしないと友達を失うのではと不安だ」も25・5%いた。
 安川氏によると、不安感から深夜までメッセージ交換し、寝不足や不眠になるなどの“副作用”も出ているという。

 ■「自分見失わないで」
 いじめを防ぐにはどうするか。「LINEはグループのメンバーしかやり取りが見られず、外部から監視できない」と、ネット監視大手「ガイアックス」(東京)担当者は言う。
 同社は、ネット掲示板を使った「学校裏サイト」の監視業務を請け負い、いじめ対策をしてきた。同社や総務省によると、だれでも閲覧可能な裏サイトと違い、LINEは携帯電話のメールと同様、電気通信事業法で定める「通信の秘密」に守られ、書き込みは運営会社でも無断で閲覧、削除はできない。
 大津市教委は今年5月、市内の中学校でLINEを使ったいじめの疑いのある事案が4件あったとし、全校に携帯電話の持ち込み禁止を通知。運営会社のLINEも今年3月、ホームページに利用時の注意点をまとめた「安心安全ガイド」を公開、モラル向上に努めるが、いずれも根本的な解決策にはつながらない。
 協議会の安川氏は「LINEでは気づかぬうちに当事者同士で関係をこじらせ、状況が悪化することもありえる」と指摘。冒頭の中2女子の母(41)は「世の中、便利になりすぎて、子供たちが自分を見失ったりしないか心配だ」と語った。
未成年のネットに関する相談に応じるNPO法人「e-とちぎ」(宇都宮市)の碓氷光正事務局長(40)は「幼いころから通信機能がある携帯ゲーム機などで、知らない人と交流してきた世代。現実の人間関係を築く経験が浅いまま、ネットがコミュニケーションの“主戦場”になってしまっている」と話す。
 LINEは他の交流サイトと違い、携帯電話に連絡先が登録されている“リアル(現実)の友達”を自動登録する機能があり、「現実の人間関係がそのままLINE上に持ち込まれる」と指摘。
 LINE上での中傷が元で、自殺や殺人などの事件が起きていることについて「ネット上でのいざこざがエスカレートしても現実での対処法が分からず、衝動的に自殺してしまったり、相手の存在を消してしまったりするのではないか」と分析した。
最近のLINEをめぐる主ないじめや事件
6月13日:福岡県那珂川町の中学サッカー部4人が、中2男子に3回にわたり暴行を加え、「やめて」などと抵抗する動画をLINEで広める
7月2日:山形県鶴岡市で、中学校の野球部員が、男子生徒の服を脱がせて写真を撮り、LINEで配布
7月5日:奈良県橿原市で3月に自殺した中1女子が同級生から仲間外れにされ、LINEに「うざい」などと書き込まれていたことが発覚
7月14日:広島県呉市の山中に16歳少女の遺体を捨てたとして、無職少女(16)を逮捕。「LINEに悪口を書かれ腹が立った」などと母親に話した。
7月19日:山形県酒田市の中学校で男子生徒2人が下級生を暴行。「3年生は怖くない」などとLINEに書き込んだことに腹を立てた。
7月24日:神戸市の中3男子(14)から現金を脅し取ったとして同級生ら3人を逮捕。LINEで「金を持ってこないとしばくぞ」などと脅迫した。

  ※日付は逮捕や発覚した日。年齢は当時。
2013.8.4 14:29 産経新聞
http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/130918/evt13091822330121-n1.html

学校裏サイトでは、わかっているだけでも当時38260サイト(2008年3月文科省)作成され、本人不在の中、大勢で実名での誹謗中傷・猥褻画像散布・いじめの算段などと、多くのいじめを生み、そして多くの自殺者を生む結果となりました。その学校裏サイトに変わって利用されているのがLINEです。しかも学校裏サイトとは違い、簡単に作成でき、しかも外部に漏れることもない、いじめる側にとっては画期的なツールとなっています。
ネットでは、面と向かっては言えない事でも簡単に言う傾向にあります。さらに言えば、DVと同様、閉鎖空間は、いじめ(DVでは暴力)をエスカレートさせます。LINEはいじめを増長させる傾向の強いツールなのです。
残念ながら、未だに「LINE未成年使用禁止」の動きはありませんが、私は必要なことだと思います。さらなる多くのいじめ、そして多くの自殺者を生む前に。


【関連記事】
LINE、「NAVERまとめ」などで169万件の個人情報流出か
暴行、恐喝、脅迫、いじめ、LINE使用の犯罪相次ぐ!
LINEなどで子どもの性犯罪被害が半年で去年の3倍、117人
恐怖のLINEいじめ!LINE漬け!人生を棒に降ることも?
尼崎中3監禁 「LINE」が繋げた異様な集団生活!肛門にローターも
日本のLINEはすべて見られている!?韓国国情院が認める!
地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-08-05 22:28 | 社会問題(489)