産経前支局長を在宅起訴=大統領の名誉毀損―韓国検察

産経前支局長を在宅起訴=大統領の名誉毀損―韓国検察


 【ソウル時事】韓国のソウル中央地検は8日、執筆した記事で朴槿恵大統領の名誉を傷つけたとして、産経新聞ソウル支局の加藤達也前支局長(48)を情報通信網法に基づく名誉毀損(きそん)罪で在宅起訴した。
 日本政府は韓国側に抑制的な対応を求めていたが、強硬な処分が取られたことで、両国関係への悪影響は必至だ。
 民主化後の韓国で、大統領への名誉毀損で外国メディアの記者が起訴されるのは極めて異例。報道の自由を脅かす事態と言え、国際社会の批判は避けられそうにない。

 情報通信網法に基づく名誉毀損罪は、最高刑が懲役7年。
 問題とされた記事は産経新聞のウェブサイトに掲載され、客船「セウォル号」沈没事故当日に、朴大統領の動静が7時間不明だったことを伝える内容。韓国紙・朝鮮日報の引用や、証券筋の話を通じ、男性と会っていたのではないかとのうわさを報じた。




 これに対し、複数の保守系団体が刑事告発。大統領府も民事、刑事の法的責任を問う考えを表明した。検察は3回にわたり加藤前支局長の出頭を求め、任意で事情を聴いた。
 加藤氏は、10月1日付で東京本社への異動が発令されたが、8月7日から出国禁止状態が続いている。検察の捜査に対しては、外国メディアやジャーナリスト団体が批判する見解を表明した。 
2014年10月8日(水)20時2分配信 時事通信


ちなみに、 ↓ のような嫌がらせも受けている。(いつものような政府の関与は不明)

産経新聞に抗議デモ=ソウル支局前で100人

 【ソウル時事】朴槿恵大統領の名誉を傷つけたとして産経新聞ソウル支局の加藤達也前支局長が出国を禁止され、検察の捜査を受けている問題で、韓国保守団体の約100人が7日、同支局が入るビルの前で産経新聞に対する抗議デモを行った。
 一団は「日本の極右勢力を代表する産経新聞ソウル支局を即刻閉鎖せよ」などと書かれた立て看板を掲げ、「(加藤氏は)出て行け」「謝罪せよ」とシュプレヒコールを上げた。一部がビル内に入ろうとし、警察ともみ合いになった。 
2014年10月7日17時46分 時事通信

【関連記事】
韓国が日本の報道の自由を侵害?産経支局長に7年の懲役も
【報道の自由】産経支局長、起訴の方針か=大統領への名誉毀損で
韓国当局を批判=産経支局長の捜査問題―国境なき記者団
韓国さらなる圧力か!?産経コラム問題、翻訳者も捜査へ
韓国船沈没!改造が事故の遠因?杜撰な対応も次々と
韓国旅客船沈没事故 331人立件139人逮捕!オーナーは不審死で

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-10-09 01:59 | 政治・経済(1341)