韓国3位の携帯電話メーカーが経営破綻、中国企業が買収か

韓国3位の携帯電話メーカーが経営破綻、中国企業が買収か―中国メディア


2014年10月10日、中国メディア・PCオンラインは記事「韓国パンテック、中国通信機器大手ZTEが買収か」を掲載した。
韓国3位の携帯電話メーカー「パンテック&キュリクル」は4億7500万ドル(約509億円)の負債を抱え破綻。今年8月から再建手続きが始まり、現在は身売り先の選定が進められている。7日に買収意向書の募集が締め切られたが、中国企業1社が応募したと報じられている。業界では中国通信機器大手ZTEが買収する可能性が高いとみられている。
韓国の携帯電話市場はきわめて閉鎖的で、韓国メーカーのシェアは90%に達している。パンテック&キュリクルの買収に成功すれば韓国市場進出の大きな足がかりになると期待される一方で、韓国政府が海外企業による買収は許可しないとの見方も伝えられている。
2014年10月13日(月)15時18分配信 Record China (翻訳・編集/KT)

【関連記事】
韓国大企業、続々破綻?サムソン電子を除けば事実上の経済危機
上場企業約25%が破綻懸念!?利益で利払いすら賄えず=韓国
韓国の銀行破綻20行!なぜ、報道されない?韓国経済の裏
韓国中小企業の7割「新入社員が1年未満で退職」
韓国サムスンの海外広告に富士山?日本を連想させ販売!?
建設会社抱える企業グループ、連鎖破綻がさらに深まる=韓国

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-10-14 00:58 | 政治・経済(1341)