<最強韓国軍>最新鋭イージス艦、兵器が錆で使用不能も2年気付かず

韓国の最新鋭イージス艦、搭載兵器が錆で使用不能も2年間気付かず・・韓国ネット「国防費はどこに消えた?」「わが軍の武器は…」

韓国の最新鋭イージス駆逐艦・栗谷李珥(ユルゴク・イ・イ)が、魚雷防御システムが不十分なまま2年間も作戦についていたことが判明し、問題視されている
韓国の各メディアによると、国防技術品質院が今年3月に実施した検査で、栗谷李珥が搭載している魚雷欺瞞弾(デコイ)24発のうち、18発が海水で腐食して使用不能状態だったという。海軍は栗谷李珥の欺瞞弾については2012年5月以降、一度も正常に作動するかどうかの確認をしていなかったという。同院が国会国防委員会所属の議員に提出した資料で明らかになった。
議員は、欺瞞弾を導入する際、合同参謀本部が海水流入を防ぐための要求をしていなかったことを指摘し、海軍を批判している。




これに対し、韓国ネットユーザーからは多くのコメントが寄せられている。主な意見を紹介しよう。
「魚雷欺瞞弾のように海で主に使う武器って最初から錆びないように作るべきものでは?」
「わが軍の武器はうわべだけブランド品」
「こんな奴らに韓国の安全保障を任せるなんてまっぴら。国防システムの改革が絶対必要。現代重工業のように、軍の将官も全員首をすげ替えて」
「海軍の不正が目立って多いですね」
「統制使李舜臣将軍も草葉の陰でお嘆ぎだろう…」
「軍は銃を捨て、国ではなく朴槿恵に対してキーボードで忠誠を尽くすのみ」
「軍全体の問題だ…」
「ああやってケチった国防費がどこへ消えたのか、本当気になる」
「腐りきってしまって、えぐり出せば国そのものが崩壊する状況に。どうすべきか…」
「韓国軍の戦争遂行能力は思った以上に低レベルで滅茶苦茶」
「西海(黄海)が中国の遊び場になっても充分な水深探査能力さえ無い…3面を海に囲まれているのに、粗末な国だ」
2014年10月14日(火)6時55分配信 XINHUA.JP (編集 兼田)


なお、2014年10月14日の朝鮮日報では、広開土大王級など韓国海軍3個艦隊の指揮艦として使用している駆逐艦も役割を果たせていないと指摘している。

以下引用~
 韓国海軍でも事情は同じだ。一部の駆逐艦は、戦闘システム装備の老朽化で指揮艦の役割を果たせないことが判明した。最大野党、新政治民主連合の金光珍(キム・グァンジン)議員が13日に海軍から受け取った資料によると、「広開土大王」など海軍が指揮艦として使用している3500トン級(広開土大王級)韓国型駆逐艦の戦闘システムは、16メガバイトのメモリーを搭載した486コンピューターで、旧式の装備だということが判明した。
 「広開土大王」が使用しているメモリーの容量は、最近販売されているノートパソコンのメモリー(4ギガバイト)のわずか256分の1だ。広開土大王級の駆逐艦は、韓国海軍3個艦隊の司令部で、所属艦艇に対する指揮艦役を務めているため、戦闘システムの能力は重要だ。国会への報告資料によると、2012年以降、広開土大王級駆逐艦の戦闘システムで24回のシャットダウンが発生した。海軍では、シャットダウンを防ぐため、毎日戦闘システムをリセットしているというのが実情だ。韓国軍の消息筋は「広開土大王級が進水し始めた1990年代半ばごろの戦闘システムとしては優秀だったが、急速な技術の発達で老朽装備になり、アップグレードを検討中」と語った。

~ここまで

素敵です!

【関連記事】
韓国軍で相次ぐ事故…戦闘機、離陸直前にミサイル“落下”
「軍備」もパクリと偽造の韓国 完成しない戦車、沈没する装甲車
韓国が戦車国産化で挫折、生産ラインの半数がすでに停止
ムカデ、ゴキブリ・・韓国軍:軍納食品から相次ぎ異物発見
韓国軍で性的スキャンダルが頻発!部下を家に連れ帰り強姦
韓国軍の暴行事件、わずか1カ月で約4千件= 醜悪な虐待の数々

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-10-15 01:40 | 政治・経済(1341)