<最強韓国軍>陸・海・空、開戦すれば1週間でほぼ弾切れに!

韓国軍、開戦すれば1週間でほぼ弾切れに・・メディアの分析に「非公開の弾薬は沢山ある」「機密を扱うな」ー韓国ネット


韓国軍の弾薬やミサイルなどが、開戦した場合に1週間でほとんど尽きてしまうことが判明し、問題になっている。
韓国の各メディアによると、与党セヌリ党のソン・インチュン議員が陸・海・空軍の資料を分析した結果、短いものでは3~4日、長いものでも15日の戦闘で弾薬が尽きることが分かったという。
韓国軍の規定では、戦闘予備弾薬を60日分を基準に保有することになっているが、財源不足のために基準を大幅に下回る状態になっている
陸軍では最新鋭のK-9自走砲の砲弾「HE BB」と「DP-ICM BB」は、戦争開始1週間で尽きる。
海軍では、KSS-1潜水艦の対艦ミサイルが1週間、KDX-2駆逐艦の対潜ミサイル「紅鮫」はわずか3~4日で底をつく。
空軍では、F-15KやKF-16の空対空ミサイルが1週間足らず。F-5の空対地ミサイルも同程度だった。F-15KとKF-16用の空対地ミサイルは比較的余裕があるが、それでも最長で15日分だった






これについてソン議員は毎年35兆ウォン(約3兆5200億円)以上の国防予算、10兆ウォン(約1兆円)に達する防衛力改善費を使いながら実弾が不足していることは深刻な問題」と指摘。韓国メディアも「戦争が一週間以上続けば、焦土になる可能性がある」などと懸念を示している
このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは多くのコメントが寄せられている。主な意見を紹介しよう。
「おい、クレイジーな記者!機密を扱った記事は書くな。だから北韓(北朝鮮)が天安艦を攻撃するんだ」
「政治、経済、軍事、教育等どれをとっても腐っている我が国が恥ずかしい」
「非公開の砲弾・弾薬の数はおびただしい…統計値を真に受けて指摘するレベルとは」
「国防費予算を増やすべき状況だな…何の国政監査だ?」
「このような情報は国の第一級の機密事項ではないのか?」
「国土防衛より重要なものは無い。国会議員の歳費削って実弾買え」
「これまで国防部は弾薬もなしに兵器開発したりゴルフ場を作ったりしていたのか?」
「予算は北韓(北朝鮮)の40倍で戦力は及ばないってことか…」
「だから米国が必要なのさ~~~」
「軍需関連の不正をなくせば解決するんじゃない?」
「日本に弾薬借りるつもりなのか?」
「国防には関心無く、新兵器購入のリベートにだけ関心があるのでしょう」
2014年10月16日(木)7時16分配信 XINHUA.JP(編集 兼田)

ちなみに、朝鮮日報によると休戦が解けた場合、最新鋭自走砲K-9は初戦の勝敗を大きく左右するらしい。↓

~ 以下引用 ~ 2014年10月15日(水)11時31分配信 朝鮮日報日本語版
これらのK9用特殊目的弾(「HE-BB」と「DPICM-BB」)は、北朝鮮の長射程砲を狙って前方配備されており、対火力戦で射撃手の役割を果たす。対火力戦とは、休戦ラインを挟んで双方の砲兵が全力を尽くす火力戦闘のことで、戦争初期の勝敗を左右する。
 しかし、火力や対人殺傷能力に劣る新型の「HE-BB」と「DPICM-BB」の場合、戦闘予備弾薬として利用可能な日数が極めて深刻な水準にあるということが明らかになった。孫議員は「戦争開始から5-6日で、韓国軍の最新鋭K9自走砲は役に立たなくなる。高い金を払って量産したK9自走砲が、実弾が不足して戦争で使えなくなるというのは深刻な問題」と指摘した。

 これだけでなく、南北の対火力戦の戦力にも大きな差が見られる、と孫議員は指摘した。野砲の場合、北朝鮮軍は約8500門あるのに対し、韓国軍は約5300門で、1.6倍の差がある。多連装ロケット砲は、北朝鮮軍の約5500門に対し、韓国軍は約200門にすぎず、北朝鮮軍の方が26倍も優位だという。


~引用 ここまで ~

【関連記事】
北朝鮮もあきれた「韓国ハリボテ軍隊」大崩壊惨状
<最強韓国軍>最新鋭イージス艦、兵器が錆で使用不能も2年気付かず
<最強韓国軍>対戦車兵器の99.2%が老朽化で役立たず
<最強韓国軍>盗聴され放題!?軍用無線ではなく携帯が主流
韓国軍で相次ぐ事故…戦闘機、離陸直前にミサイル“落下”
強まる米軍の「韓国撤退論」 日本を敵対視する姿勢に高まる批判

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-10-16 19:51 | 政治・経済(1341)