韓国、北朝鮮と銃撃戦!住民・観光客に避難指示。北朝鮮は報復と

北朝鮮と約10分の銃撃戦 被害なし=韓国軍


【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部によると、19日午後5時40分ごろ、京畿道坡州地域の軍事境界線付近で韓国軍と北朝鮮軍の間で約10分にわたる銃撃戦が起こった。負傷者などは出なかったという。
 非武装地帯内の軍事境界線に接近してきた北朝鮮軍に対し、警告放送をした上で警告射撃をしたところ、北朝鮮軍のものと見られる銃弾2発が韓国軍の見張り台から見つかった。このため、北朝鮮地域に対し対応射撃を行い、銃撃戦になったという。

 この日は午前8時10分ごろから北朝鮮兵10名余りが軍事境界線に接近していた。韓国軍は指針に従い、数回にわたり警告放送をしていた。
 人命や施設への被害はなかったが、韓国は万一の事態に備え午後5時に坡州地域の民間人統制線の北側一帯から観光客と住民を避難させる措置を取った。




 その後、北朝鮮軍に特異な動向はないという。
 北朝鮮軍は10日、韓国の民間団体が散布した北朝鮮体制批判ビラ入りの風船に発砲しており、韓国軍が応射していた。
 18日には、韓国軍が軍事境界線付近で活動している北朝鮮軍に対し警告放送をした上で警告射撃をしたが、北朝鮮兵は応射せずに北朝鮮側に戻ったという。
2014年10月19日(日)20時12分配信 聯合ニュース


南北銃撃戦 北朝鮮が「報復措置取る」と威嚇

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は20日午前、将官級軍事会談の北側団長名義の通知文を韓国側に送り、「今後も軍事境界線一帯で巡回査察活動を続ける」とした上で、韓国側が挑発を続ける場合、予想できない報復措置を取ると威嚇した。韓国国防部が明らかにした。

 これに対し韓国側は同日午後、将官級軍事会談首席代表名義の通知文を送り、「北側が18日と19日に軍事境界線を侵し挑発行為をしたことに対してわれわれは正当な手続きにより警告放送後に軍事境界線以南地域に警告射撃を実施した」と強調した。また「北側が挑発行為を行ったにもかかわらず、われわれに責任があるように歪曲(わいきょく)することについて深い遺憾を表明する」と非難。軍事境界線一帯における挑発行為を中止し、今後、再発防止策を講じるよう求めた。

 韓国軍合同参謀本部によると、19日午後5時40分ごろ、京畿道坡州地域の軍事境界線付近で韓国軍と北朝鮮軍の間で約10分にわたる銃撃戦が起こった。負傷者などは出なかった。
 18日には、韓国軍が軍事境界線付近で活動している北朝鮮軍に対し警告放送をした上で警告射撃をしたが、北朝鮮兵は応射せずに北朝鮮側に戻ったという。
2014年10月20日(月)21時12分配信 聯合ニュース

ちなみに、今月8日に5年ぶりとなる黄海での異例の銃撃戦や10日の軍事境界線の銃撃戦など、緊迫した状況が続いています。相手が北朝鮮ですから、いつ2010年の延坪島砲撃の時のような大規模な砲撃があってもおかしくありません。どうしても韓国へ行かなくてはならない方は十分にお気をつけください。

【関連記事】
朝鮮戦争再び?北朝鮮停戦協定破棄を宣言!韓国も警戒引上げ
北朝鮮「全面戦争の準備を完了」宣言!南北不可侵合意も無効化
北朝鮮“威嚇”軍事挑発になれば報復~韓国
ウォン安と株安が同時進行 「北朝鮮リスク」が韓国経済に暗い影
もし北朝鮮が崩壊したならば…そのコストとリスクは誰も担えない
地政学リスク!?5割超が北朝鮮と戦争になる可能性は高い

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-10-21 02:37 | 政治・経済(1341)