韓国経済を支える5大産業の業績が急落

韓国経済を支える5大産業の業績が急落


 携帯電話端末、造船、石油化学、自動車、テレビなど韓国経済を支えてきた主力5大産業が揺らいでいる。これら業種の売上高の伸びや営業利益率はいずれも急落している
 全国経済人連合会(全経連)が5大産業の国内企業176社を対象に業績を分析した結果、携帯電話端末の場合、2012年に72%だった売上高の伸びが、昨年には31%に低下したのに続き、今年上半期にはマイナス9.4%に転落した。12年に2.1%だった造船業の売上高の伸びも昨年が0.3%、今年上半期がマイナス0.9%だった。営業利益率は12年の4.1%が昨年には2.0%、今年上半期にはマイナス3.6%に悪化した。今年上半期だけで現代重工業グループは1兆3000億ウォン(約1310億円)、サムスン重工業は1000億ウォン(約100億円)の営業赤字を計上した




 先月の国別船舶受注量で韓国は中国、日本に次ぐ3位に転落した。世界首位だった韓国の造船業の栄華は終わりを迎えるのではないかとの懸念も聞かれる。
 それでも善戦していた自動車産業の売上高も12年の10.5%から昨年は5.2%、今年上半期は1.5%と毎年低下が止まらない。韓国銀行が最近公表した「2013年企業経営分析」によると、昨年の韓国の大企業による売り上げ増加率は前年比で0.3%にとどまった。これは世界的な金融危機の影響で企業活動が低迷した09年(0.7%)をさらに下回る数字だ。デロイト・コンサルティングのキム・ギョンジュン代表は「韓国の製造業の売上伸び率は0%台に転落したのは衝撃的だ」と語った。

 こうした現象は世界経済の低成長が長期化していることに加え、経済が復活する日本と躍進する中国に挟まれた「サンドイッチ効果」などが原因に数えられる。さらに2011年以降は30大企業グループ入りを果たす中堅企業がなく、経済的な躍動性が低下していることも影響している。
 全経連の李承哲(イ・スンチョル)副会長は「経済全般の活力を高めるため、税制見直し、企業規制の緩和など供給拡大政策を積極的に取るべきだ。それを通じ、成長潜在性を高め、経済の体質を画期的に改善しなければならない」と述べた。
2014年10月21日(火)8時45分配信 朝鮮日報日本語版

【関連記事】
ウォン高円安!2008年以降最高値に(短期・長期チャートあり)
韓国LG、日本の中小企業に恫喝&脅迫!韓国企業の体質とは?
【経済危機】サムスン電子が“尋常じゃない状況”に=韓国
ジリ貧「サムスン」巨額半導体投資に市場は疑心暗鬼
現代・起亜、販売不振で韓国自動車市場シェア70%割れの危機
強まる米軍の「韓国撤退論」 日本を敵対視する姿勢に高まる批判

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-10-24 00:05 | 政治・経済(1341)