韓国、個人・企業・国家の債務が限界に=第2のアジア通貨危機だ

韓国、個人・企業・国家の債務が限界に=韓国ネット「第2のアジア通貨危機だ」「日本か米国に編入して」


2014年10月28日、韓国・聯合ニュースは、韓国の家計、企業、国などすべての経済主体の負債が国際機関の定める債務負担の基準値を超えたことを伝えた。
28日、セヌリ党のイ・ハング議員により、昨年末時点で個人・企業・国の名目国内総生産(GDP)に対する負債の比率が、世界経済フォーラム(WEF)の債務負担の基準値よりも10~46%超過していることが明らかとなった
個人負債は韓国銀行資金循環表上の個人家計と非営利団体の債務を、企業の負債は非金融民間企業債務を、国の債務は国の借金と公共機関の負債、公務員・軍人年金引当金を加えたものである




この状況に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。
「米国は、韓国よりも債務がさらに深刻だというのに、どうなっているんだ?最終的に中国に押し付けるのか?」
「近いうちに、また国の経済が破綻して、『国民の愛国心と苦痛の分担』(※アジア通貨危機当時の政府スローガン)を力説する連中が再登場するんだろうな」
「この状況をどうやって解決するんだ?次の大統領がかわいそうだ」
「会社員は今の状況がどんなに深刻か、実感がないかもわからないが、商売をしている人々は、ある程度わかっている。おそらく来年には中小企業が総崩れになって、第2のアジア通貨危機になるような気がする」
「韓国政府は大衆に迎合せず、無駄な公共工事をやめろ」
「今になって、改めてわかった。政府の政策が間違っている」
「韓国の不渡りは、もう時間の問題だ」
「不安だ。ウォンを全部ドルに変えておかないと…」
「韓国を日本か米国に編入してほしい」(翻訳・編集/まるみ)
2014年10月28日(火)22時26分配信 Record China


韓国の家計・企業・国家の負債が臨界点を超える―韓国メディア

韓国の家計・企業・国家のすべての経済主体が債務負担の臨界点を超えていることが分かった。28日付で韓国KBSワールドラジオが伝えた。
与党セヌリ党の李漢久議員が発表した分析資料によると、韓国の家計・企業・国家の負債が国内総生産(GDP)に占める割合は、昨年末現在、世界経済フォーラム(WEF)の負債臨界点より10~46ポイント超えていた。最も深刻なのは家計で、雪だるま式に増えており非常に危険な状態。昨年末には韓国の家計負債総額は1219兆ウォン、GDPに占める割合は85.4%に達したが、その後も急増を続け、今年3月末には1225兆ウォン、前年同期比6.2%に上っている。同じ時期の米国、日本、英国の家計負債の増加率はそれぞれ1.5%、1.9%、1.0%

韓国政府は不動産市場の活性化と内需拡大を目指し、住宅担保認定比率(LTV)と総負債償還比率(DTI)の規制を緩和し、政策金利も引き下げたが、家計負債は今年8月から9月にかけて11兆ウォン増加した。家計負債の増加により、人々は借金返済のため、消費を控える。消費が委縮すれば、内需は停滞し、収入も減少、負債は再び増える。こうした悪循環が経済発展を阻み、回復を目指す韓国経済にとって大きな負担となっている。
2014年10月29日(水)23時19分配信 XINHUA.JP (編集翻訳 小豆沢紀子)

【関連記事】
忍び寄る「韓国版サブプライム危機」の影!韓国の爆弾?LTV制度とは
韓国経済危機!もう一つの時限爆弾、集団ローン!
韓国!個人・企業・政府の負債3591兆ウォン!GDPの3倍に肉薄
個人負債残高が過去最大の959兆 GDP上回る増加率=韓国
韓国の負債比率が過去最高に GDP比283%
韓国、政府の負債に対する公企業の負債が日本の3倍に

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-10-30 02:42 | 政治・経済(1341)