試練のサムスン。営業益が前年比60%減=7~9月期

試練のサムスン 営業益が前年比60%減=7~9月期


【ソウル聯合ニュース】サムスン電子が30日に発表した7~9月期の営業利益(確報値)は4兆600億ウォン(約4200億円)だった。前期の7兆1900億ウォンに比べ43.5%減、前年同期の10兆1600億ウォンに比べ60.1%減となった。
 本業のもうけを示す営業利益が5兆ウォンを下回るのは、2011年10~12月期以来、約3年ぶり。営業利益は今月初めに発表した速報値より400億ウォン減った。

 売上高は47兆4500億ウォンだった。前期より9.4%減、前年同期比19.7%減となった。
 スマートフォン事業を担当する主力事業部のITモバイル(IM)部門の営業利益は1兆7500億ウォンだった。同部門の営業利益は今年1~3月期に6兆4300億ウォンを記録したが、4~6月期に4兆4200億ウォンに減少したのに続き、今回は1兆ウォン台に急落した。
 半導体とディスプレーを担当するDS(部品)部門の営業利益は2兆3300億ウォンで、前期(2兆900億ウォン)より業績が改善した。特に半導体は2兆2600億ウォンの営業利益を上げ、全体の業績が振るわない中、健闘した。
 消費者家電(CE)部門の営業利益は500億ウォンだった。
 スマートフォン販売量は小幅増えたものの、中低価格帯製品の割合が増えた上、従来製品の価格が下落し、平均単価が下がったと、サムスン電子は分析した。
2014年10月30日(木)9時52分配信 聯合ニュース

【関連記事】
スマホ販売に左右される韓国経済!サムスンの不振が韓国を・・・
サムスン経営者の復帰なければ韓国は国家的な危機に直面も
またサムスンのスマホGalaxyが発火。就寝中あわや火災に=米
韓国サムスン!苦戦はスマホだけじゃない。プロセッサ事業でも
アップルがサムスンに損害賠償請求 1台当たり6.46ドル
【経済危機】サムスン電子が“尋常じゃない状況”に=韓国

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-10-31 01:45 | 政治・経済(1341)