韓国の挺身隊訴訟、富山の「不二越」に15億ウォンの賠償命令

韓国の挺身隊訴訟、富山の「不二越」に賠償命令


 【ソウル=中川孝之】戦時中に女子勤労 挺身 ( ていしん ) 隊などとして富山市の軍需工場で強制労働させられたとして、韓国人女性13人と死亡した4人の遺族らが同市の機械メーカー「不二越」に慰謝料を求めた訴訟で、ソウル中央地裁は30日、同社に計約15億ウォン(約1億5000万円)の支払いを命じる判決を言い渡した

 日韓の賠償問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みだが、韓国では最高裁が2012年5月、個人の請求権は消滅していないと判断。これ以降、元徴用工や元挺身隊員らが5件の訴訟を起こしている。このうち判決が出たのは今回を含めて2件。最高裁で差し戻された控訴審判決を含めると4件目で、いずれも日本企業が敗訴している。来年の国交正常化50年に向け、関係改善を目指す日韓のさらなる障害となりそうだ。




 原告らは13年2月に約17億ウォンの賠償を求めて提訴。判決は「12~18歳の女学生をだまして挺身隊に志願するよう仕向け、劣悪な環境で危険な労働に従事させた。日本の不法な植民地支配に直結した、反人道的な行為だ」などと指摘した。同社は、韓国の裁判所に管轄権がないことなどを主張したが、認められなかった。
 不二越東京本社経営企画部は「控訴審で当社の正当性を主張していく」と控訴する意向を示した。
 原告らは03年、富山地裁に不二越と日本政府を相手取り同様の訴訟を起こしたが、11年に請求棄却の判決が確定している。
 原告側弁護士は今回の判決後、年内にも不二越や三菱重工業を相手取った2件の追加訴訟を起こす方針を明らかにした。
2014年10月31日07時24分 読売新聞

【関連記事】
併合時の徴用、日本企業への賠償請求を認める=韓国最高裁
第2次大戦中の強制徴用問題で新日鉄住金に賠償命じる
虫が良すぎる韓国!徴用で日本企業に賠償命令!一方で投資呼びかけ
解決済みの戦時徴用で三菱重工にも賠償命令=韓国・釜山高裁
過去3年で親日派の財産28億円を没収=国の勝訴率97%―韓国
韓国が強制徴用した日本企業299社選定 麻生セメントの名も

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-11-01 22:46 | 政治・経済(1341)