ソウルの死亡原因 10~30代は自殺が1位!20代は半数以上

ソウル市民の死亡原因 10~30代は自殺が1位


【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市が26日に発表した統計「ソウル市民の健康と主な死亡原因」によると、昨年の同市の死亡者数は合計4万2063人で2008年(3万8298人)から5年連続の増加となった。死亡率(人口10万人当たりの死者数)は375.6から420.1に高まった。

 死亡原因の1位はがんで、昨年の全死亡者数のうち31%(1万3028人)ががんで死亡した。 脳血管疾患、心臓疾患、自殺、糖尿病、肺炎、肝疾患と続いた。
 10~30代の死亡原因では自殺が最も多く、40代以上からはがんが最も多かった。自殺による死亡者は10代では35.1%、20代では51.6%、30代では39.7%に達した
 また満19歳以上のソウル市民の肥満率は2008年の20.6%から昨年は23.2%に増加した。
 同期間の男性肥満率は26.6%から30.6%に、女性肥満率は14.7%から16.0%に増えた。 
 自らを肥満と考える主観的肥満認知率も2008年の30.0%から昨年は39.3%に増えた。特に女性は同期間31.6%から41.0%に増加した。男性は28.2%から37.5%に増加した。
 満19歳以上のソウル市民の飲酒率は高まったが、高危険飲酒率と喫煙率は下がった。
 月間飲酒率(最近1年間で1か月に1回以上飲酒した率)は2008年の57.7%から昨年は60.7%に高まったが、健康に害となる高危険飲酒率は20.3%から17.5%に下がった。 

 成人喫煙率は2008年の24.2%から昨年は21.7%に減少した。昨年の女性喫煙率は3.7%で5年前と同じだったが、男性喫煙率が45.6%から40.6%に減ったことが全体の減少につながった。2014年11月26日(水)11時29分配信 聯合ニュース

【関連記事】
韓国、さらに記録更新!「自殺率」10年連続ワースト1 
韓国の交通事故死者率、OECD加盟国中ワースト2位
老年層の貧困率70%!韓国の福祉OECD最下位!
結核死亡率OECD中韓国が1位!
子どもの幸福指数、韓国は4年連続OECD最下位
自滅する韓国 朴大統領の異常な要請と韓国の屈辱の歴史

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-11-28 01:58 | 政治・経済(1341)