東京五輪日韓同時開催?平昌五輪の日本一部開催を一転容認?

平昌冬季五輪一部競技を日本で開催 反対していた韓国がなぜか、一転容認?

 2018年の平昌冬季オリンピックについて、日本との共同開催や、そり種目など一部を移転する案について、韓国側は「日本とはありえない」としてきたが一転、共同開催を容認するような報道が相次いでいる。
 容認の条件は2020年の東京オリンピック競技の一部を韓国に移転することらしい。「平昌と東京の五輪種目交換開催は検討に値する」などといった社説を掲載するメディアも現れた





■お互い費用を削減する現実的な方策が検討できる?
 朝鮮日報は14年12月8日付けの日本語電子版で「平昌と東京の五輪種目交換開催は検討に値する」という見出しを掲げた。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ委員長が18年の平昌五輪と20年の東京五輪の種目の一部を分散して開催することは可能だと発言したことがきっかけとなっている。オリンピック開催には巨額の資金が必要で、日本も財政難で新競技場の建設を当初の10カ所から3カ所へ減らしている。JOCも平昌五輪の一部を日本で開催することに前向きだというから、お互い費用を削減する現実的な方策が検討できる、というのだ。

 バッハ委員長の発言内容が正しいかは不明だが、「日本とはありえない」と断固拒否していると報じていた韓国メディアの主張が大きく変わったのは確かだ。
 中央日報も同日付で、「そりが抜けた平昌?...IOC委員長『一部種目の日本開催を論議』」という見出しを掲げ、平昌と東京のオリンピック競技の一部移転についてこう報じた。
  「来年は韓日国交正常化50周年で、五輪を両国による友好のシンボルとして活用できる (中略)また韓国と日本は2002年にサッカー・ワールドカップを共同開催した経験もある
 韓国メディアは14年12月7日までは、一部競技を日本で開催することはあり得ないし、
  「主務官庁の文化体育観光部も『平昌のそり競技施設は昨年4月から既に工事が始まっている。現在としては日本と五輪競技を分散開催することは不可能』と強調した」(聯合ニュース)
などと主張していた。
 実は、韓国の両紙ともに、東京五輪の一部を韓国で本当に開催できるなどとは本気で思っていないようだ。中央日報はこうも書いている。日本は夏季オリンピックの一部を現段階で韓国に移転するなどとは言及していないことも踏まえ、
  「一部種目を韓国で開催する可能性は現時点では低いが、可能性はゼロではない」
と消極的なのだ。

「他国に頼らず国の威信をかけて開催するのがあたりまえ」
 朝日新聞や欧米のメディアは、平昌五輪組織委が予算問題や工期の遅れなどを理由に、そり種目を1998年に冬季五輪を開催した長野で行う案を国際連盟と話し合っている、と報道している。日本での一部開催が既定路線となっていると判断し、容認するかのような記事を書いたのかもしれない。
 では実際に平昌五輪の一部競技を日本で開催することになるのだろうか。JOC広報に話を聞いてみた。まず、12月8日、9日にIOCが臨時総会を開き平昌五輪の競技の一部を日本に移設するかどうかの話し合いが持たれる、といった報道が出ているが、規定を審議するだけで、個別案件には触れるはずがないと説明した。
 日本での一部開催については、韓国から依頼は来ていないし、韓国は公式に「日本と五輪競技を分散開催することは不可能」と発表したわけだから、それが全てだ、と強調した。
  「自分たちがやると言って手を挙げ、勝ち取ったオリンピックだから、他国に頼らず国の威信をかけて開催するのがあたりまえだと思いますよ」
とJOC広報は冷ややかだ。
2014年12月8日(月)18時7分配信 J-CASTニュース


IOC会長が平昌冬季五輪の分散開催に言及、日本も「検討」・・韓国ネット「東京五輪の分散が条件」「むしろ得。悪くない」

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が7日、2018年の平昌冬季五輪と2020年の東京五輪について分散開催の可能性に言及したことが、韓国で波紋を広げている。
韓国メディア・ニュースエンは、バッハ会長が「平昌と東京がお互いに競技場を分担すれば、より低コストでオリンピックを開催できることになる」と、平昌五輪と東京五輪の競技を相互に分割する案を提示したことを紹介。「背景には、日本が東京五輪の分散開催を希望していることと、競技場の建設が遅れている平昌への圧力がある」と解説した。
一方、イーデイリーは日本の報道を引用して日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が「(分割開催の)話があれば長野を含めて検討する」と述べたことを伝えた

しかし、平昌五輪組織委員会は「コスト削減には有効だが、国民情緒上、受け入れるのが難しい」などとして、日韓の分割開催を「現実的に不可能」としているという。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。主なコメントを紹介しよう。
「日本が夏季五輪を分散するという条件付きで進めろ。裏切られないよう、契約をしっかりして」
「仁川アジア大会を見たからだろ」
「訳の分からんことを~放射能まみれの奴らの顔など見たくもない!!」
「袖の下いくら貰ったからって、こんな話喋りたてやがる?!」
「ホント嫌……」
「正直、交通が便利な大都市で開催しても韓国のメダル有力選手が出場しない限り観客席はガラガラ。よりによって江原道の平昌とは。分散開催はむしろ現実的な代案。しかし、国民感情の問題が改善されるよう、日本政府がより望ましい姿勢を示すべき」
「もし共同開催になれば、成績は韓国が、収益は日本が持っていきそう!」
「分散開催するって…3回もチャレンジしたんだぞ?すでに決定している開催地はそのままにして、これから決めるものを分散開催するなり…」
「とんでもない。お前たちの腹黒さを知らないとでも?」
「日本開催の夏季五輪のうち数種目を韓国で出来るなら、むしろ得だろ。この提案も悪くは無い」
「自分で餌撒いておきながら、提案があれば検討してみたい、だと。呆れるわ」
「誰のための分散開催だ!?」
2014年12月8日(月)22時10分配信 FOCUS-ASIA.COM(編集 兼田)

【関連記事】
日韓が五輪で「全面協力」の報道に激怒!平昌冬季五輪の裏
「日本人の9割は韓国好き?」舛添都知事の訪韓にブーイング!
都民の血税で韓国学校と舛添都知事約束=韓国だけ便宜は困難
舛添都知事が韓国・朴大統領に揉み手で交わした“背信公約”とは
韓国!米国のサイトで「東京五輪阻止」を呼びかけ!IOCにも
韓国、平昌五輪で財政に大打撃!費用1.3兆円の内57%は国庫から

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-12-09 01:43 | 政治・経済(1341)