在日韓国人男性、中国の空港で「自分は日本人」と主張

在日韓国人男性、中国の空港で「自分は日本人」と主張・・ノービザ入国を試みるも失敗―中国メディア


中国の上海虹橋国際空港で、在日韓国人の男性が「自分は日本人だ」と言い張り、日本人と同じように入国ビザを免除するようゴリ押ししたが、結局は入国を拒否されるという騒ぎがあった。16日付で中国広播網が伝えた。
騒ぎを起こしたのは、20代の在日韓国人の男性。流暢な日本語を話し、「自分は日本生まれの日本育ち。韓国にはほとんど行ったこともない。両親が韓国人だったため、生まれた時に韓国籍に入れられただけだ」と、自らが日本人であることを主張した。
日本の会社で働いており、中国へは商談でやって来た。「同僚から、ビザは免除されると聞いた。自分は本当に日本人なのに、なぜビザが免除されないのか」とごねたが、入国審査官から「韓国パスポートを持っている以上、韓国人とみなすしかない」と拒まれた。最終的にこの男性はあきらめて、日本に戻る便に乗ったという。
2014年12月16日(火)20時48分配信 FOCUS-ASIA.COM (編集翻訳 小豆沢紀子)

【関連記事】
パチンコ業界の9割が在日韓国・朝鮮人が経営!
メモ:パチンコ、焼肉屋、消費者金融、在日韓国人が金持ちな理由
在日韓国企業、「円安」と「韓日関係悪化」のせいで経営危機
在日韓国人は、韓国の「潜在的な兵士」!危険な存在にも
在日韓国人・朝鮮人の生活保護受給率「桁が違う」と国会で議論
在日俳優「岩城滉一」サッカー日本代表を『サル呼ばわり』

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-12-17 02:34 | 政治・経済(1341)