安全と繰り返す第2ロッテワールドの工事現場で3度目の死亡事故

第2ロッテワールド工事現場で3度目の死亡事故

 16日午後1時ごろ、ソウル市松坡区の「第2ロッテワールド」ショッピングモール棟8階のコンサートホール工事現場で、建設作業員の男性(61)が転落死した。第2ロッテワールドで建設作業員が死亡したのは昨年6月、今年4月に続き3度目だ。ソウル市は事故直後にコンサートホールの工事を中断させると共に、先日漏水が発見されたアクアリウム(水族館)や振動騒ぎがあった映画館全体も閉鎖することを決めた。

 水族館と映画館は精密安全診断や補修・補強工事が完了するまで、コンサートホールは作業員の死亡原因が明らかになり、再発防止対策が整備されるまで閉鎖となる。
 ロッテグループは「ソウル市の措置を忠実に履行する。市民の安全が最優先だという原則の下、映画館や水族館、コンサートホールの問題点を徹底的に解明・改善する」とコメントした。
2014年12月17日(水)8時32分配信 朝鮮日報日本語版




【社説】誰も信じない第2ロッテワールドの「安全宣言」

 ソウル市は16日、ソウル市蚕室の第2ロッテワールド9-11階にある施設のうち、映画館と水族館について、安全が確認されるまで使用を中止するよう命じた。今回のソウル市の対応はこの日の昼ごろ、ロッテワールド・モールのコンサートホール工事現場で作業員が転落とみられる事故で死亡した直後に出された。水族館では今月3日に水漏れが確認され、また10日には同じビルの中にある映画館で騒音と振動が相次ぎ、映画を見ていた客が避難する騒ぎが起こった。

 第2ロッテワールドではここ数カ月の間にさまざまな問題が立て続けに起こっているが、これはどう考えても回数が多すぎる。10月14日にソウル市が臨時使用承認を出し周辺の三つの建物がオープンして以降、まず10月28日にフードコートの床に亀裂が発見され、10月30日には協力会社の作業員が天井から落下した金属で頭を負傷した。11月3日には8階の天井で亀裂が発見され、今月10日には国民安全処(省庁に相当)による緊急の安全点検の際に水族館の水漏れが2カ所追加で発見された。さらに11日には建物の地下天井など別の2カ所でも水漏れが発見された。ちなみに昨年6月と今年4月にも工事中に作業員が死亡する事故が発生している

 このように事故が立て続けに起こっているにもかかわらず、ロッテは「問題ない」というコメントを繰り返すばかりだ。水族館での水漏れについては「水族館建設の際にはよくある現象」と説明し、地下1階の水漏れについては「消防設備の配管の継ぎ目に問題があっただけ」、フードコートの床の亀裂についても「安全とは関係ない」などと主張している。ロッテは水族館での水漏れが今月3日に最初に確認された時にはこれを意図的に無視し、そのまま客を受け入れていた。映画館での騒音・振動騒ぎの時も、映画を見続けたいと意思表示をした客のために最後まで上映を続けたという。

 このように問題が立て続けに発生する現状を目の当たりにすれば、ロッテが安全をいくら強調しても、その言葉を額面通りには受け取り難い。第2ロッテワールド付属の建物についてはソウル市が10月に臨時使用承認を出す際「建物に安全上の問題が発生した場合は使用の制限や承認の取り消しもあり得る」という条件が付されていた。とりわけソウル市は一度安全点検を行った後に使用中止命令を下した施設について、今後使用を認めるか決断を迫られている。その決定に対する責任は当然ソウル市が負うべきものだ。
2014年12月18日(木)10時5分配信 朝鮮日報日本語版

なお、この死亡事故では、事故の隠蔽疑惑も広がっている(2014年12月17日 WoW!Korea)

【関連記事】
命がけで遊びに行きますか?“第2ロッテワールド”さらに問題続出
第2ロッテワールドで水漏れ等相次ぐ!下層は変電所、大事故も?
韓国ロッテホテルの弁当食べ、20人が食中毒!
韓国原発は危険!40年も前に日米では使わなくなった部品使用
韓国鉄道の故障続発で現代ロテムに7億円賠償命令
韓国大手クラウン製菓の菓子から基準値の280倍を超える細菌!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-12-19 02:10 | 政治・経済(1341)