米軍元慰安婦122人の裁判「まだお金を得ようと」=米国ネット

米軍元慰安婦122人、韓国政府に1億4400万円の賠償金を求めた裁判「まだお金を得ようとしているのか」「フィリピン人の方が…」―米国ネット


2014年12月26日、米軍準機関紙「星条旗新聞」によると、米軍のために売春に従事していた122人の女性が韓国政府に対して起こした裁判の初公判が19日、ソウル地裁で行われた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。




星条旗新聞が19日に報じた記事によると、米軍相手の売春婦として働いていた122人の女性が、「国のために働くよう」仕向けられたとして、韓国政府に賠償金を求めて告訴していた。原告の女性らは韓国政府に対して120万ドル(約1億4400万円)の賠償金と、正式な謝罪を求めている。原告側の弁護人によると、「原告の女性らは当時、売春を違法行為とは認識していなかった」と述べ、「彼女たちは、その仕事が国のためになるもので、愛国行為だと教えられてきた」と述べている。韓国政府側の弁護人は「韓国政府が彼女たちに違法行為をするよう仕向けたということを立証していない」と主張した。この報道に、米国のネットユーザーからはコメントが寄せられている。
「韓国政府は売春が行われているかどうか気にしていない。街中の駅近辺を歩けば分かるよ」
「彼女たちは売春婦だった。それでお金を稼いでいた。韓国政府は彼女たちに米軍相手に売春するように促し、普通の売春婦が手に入れられない健康保険などを手に入れていたんだ。それなのに、まだお金を取ろうとしているのか?」
「もちろん韓国政府は売春を許していただろう」
「賠償金を求めているだって?当時、売春に従事していた時に十分なお金を得ていたんだろう?」
「少なくともフィリピンの女性たちの方が賢いね。彼女たちは米兵と結婚するか、それとも売春婦の仕事から抜け出るために十分なお金を貯めるかのどちらかを選ぶべきだと判断した。韓国人たちはそういう解決法を見つけられなかったようだな」
2014年12月27日(土)16時0分配信 Record China (翻訳・編集/Yasuda)

【関連記事】
米政府高官が極秘訪韓で「反日」朴大統領を叱責!米軍司令も激怒
米軍慰安婦問題 韓国政府とメディア黙殺も海外メディア動く
【慰安婦誤報】朝日の責任問わぬ韓国!朝日誤報記者は英雄視
韓国で『反日』がビジネスに…企業も政権も追い風にすべく躍起
【新・悪韓論】冷え込む日韓 来年は国交正常化50周年 だから何?
「中国どころか世界中が韓国を疑い始めたぜ!」=テキサス親父

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-12-31 01:29 | 政治・経済(1341)