韓国、新生児の97%に蒙古斑=アジア人の中で最も高率

韓国、新生児の97%に蒙古斑=アジア人の中で最も高率―韓国紙


2014年12月30日、韓国紙・朝鮮日報によると、韓国の新生児の97%に蒙古斑が認められることが分かった。ソウル第一病院のシン・ソンムン教授のチームが2012年から13年にかけて、韓国人夫婦から生まれた新生児1964人を対象に行った調査によって判明した。
蒙古斑はアジア人の新生児に現れる青い母斑で、韓国の新生児でも臀部(でんぶ)などに見られる。大部分は治療が不要で、青少年期には自然に消失する。
蒙古斑が見られる新生児の割合は、アジア人ではモンゴルを除き日本が81.5%、中国が86.3%で、韓国が最も高く、アメリカ・インディアンの62.2%、西洋人の6.2%を大きく上回る
今回の調査によると、韓国の新生児の蒙古斑の位置は臀部や胴体が最も多く、97.3%だった。腕(1%)、脚(0.8%)、胸と背中(0.7%)、頭と首(0.2%)に現れる例もあった。




また、韓国の新生児で蒙古斑の次に多いのは脂腺母斑(37.4%)だった。このほか、血管性病変のうち最も多いのはサーモンパッチ(30.8%)だった。サーモンパッチとはサケの身の色に似た境界のはっきりしない母斑で、出現する場所は後頭部(62.8%)、まぶた(34.9%)、額(15.2%)の順に多くなる。
新生児に見られる母斑は人それぞれで、人種による差異もある。シン教授は「蒙古斑の発生率は民族的な差が最も大きい。だが、韓国人の発生率が高いことを、韓国が他国よりも民族構成が単一だからだと解釈するのには無理がある」と述べた。今回の調査結果を含む論文は『大韓新生児学会誌』の最新号に掲載された。2014年1月5日(月)3時10分配信 Record China (翻訳・編集/岡本悠馬)

【関連記事】
韓国人男性の不倫率は世界2位!
韓国未婚者の68%、「浮気したことある」
韓国の98%「謝罪は不十分」!そもそも「許す」がない国民?
自滅する韓国 朴大統領の異常な要請と韓国の屈辱の歴史
「むかつく上司と後輩を見た時に表れる症状」、火病が35%=韓国
女性へのDV日本の30倍以上!?ソウルだけで9万197件

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-01-06 00:35 | 社会問題(489)