昨年の韓国青年失業率9%…過去15年間で最悪

昨年の韓国青年失業率9%…過去15年間で最悪


韓国統計庁、昨年の青年失業者38万5千人最初の職場は5人に1人が1年以下の契約職
 昨年の韓国の青年失業率は9%で過去15年間で最悪の記録になった。また、初めて職場を見つけることに成功した青年就業者の5人に1人は1年以下の契約職として職場生活を始めたことが明らかになった。 青年たちは働き口を見つけることも困難で、就職しても相当数が非正規職として仕事をしている。
 14日、統計庁が発表した「12月および年間雇用動向」によれば、昨年の青年層(15~29歳)失業率は9%で、統計基準を変更した(失業者求職期間1週→4週)1999年以後、最も高いことが分かった。 “カード大乱”の余波が大きかった2004年(8.3%)とグローバル金融危機で景気が急速に萎縮した2009年(8.1%)より高い。 青年失業者数は2012年31万3000人(7.5%)から2013年33万1000人(8%)、昨年は38万5000人(9%)へと急増している。




 青年男性の失業率は昨年初めて10%台を突破した。青年男性失業率は2012年8.6%、2013年9.1%から昨年には10.5%に上昇した。 青年女性の失業率もまた、2013年7%を超えたのに続き昨年には7.7%まで上がった。
 統計庁関係者は「昨年求職活動をしなかった非経済活動人口が求職に乗り出し、就業者とともに失業者が大きく増えて失業率が高まった」と説明した。 ここで失業者とは、4週間にわたり積極的に求職活動を行い、働き口が見つかりさえすれば直ちに就職可能な人をいう。
 青年層は仕事の質も改善されていない。 昨年学校を卒業したり中退した後の初めての職場が1年以下の契約職だった青年は76万1000人にものぼった。 就職した389万5000人中の19.5%を占めた。 この比率は2008年には11.2%だったが、2009年12.4%、2010年16.3%、2011年には20.2%に急増した。 2011年からの4年間は20%前後で推移している。 金融危機以後、正規職の働き口が短期契約職に代替される現象が目立つ中で、青年層の不安な雇用事情が続いていると言える。
2015年1月16日(金)21時31分配信 ハンギョレ新聞 世宗/キム・ソヨン記者

【関連記事】
韓国の失業率は日本の3倍!?政府発表数値の4.8倍
韓国への経済制裁 日本からの輸出止めれば失業率30~40%説
韓国の悲惨な若者たち 大学卒業と同時に4割が「失業者」
【断末魔の中韓経済】韓国雇用統計の「OINK」 失業率が毎年2月に悪化する理..
韓国の家計債務増大、危機感高まる 累計1060兆3000億ウォン
韓国第2ロッテワールド、今度は周辺道路に沈下や亀裂!4階床にもヒビ

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-01-23 01:20 | 政治・経済(1341)