<最強韓国軍>性能改悪?→誤射事故で兵士1人重体=76ミリ砲

韓国海軍、誤射事故で兵士1人重体


 21日午後6時20分ごろ、西海(黄海)北方限界線(NLL)を守る韓国海軍第2艦隊所属のミサイル高速艦(PKG)「黄道顕」で、76ミリ砲の装填(そうてん)装置が誤作動し、砲弾1発が誤って発射される事故が発生した。この事故で、艦首にいた水兵1人が頭部に重傷を負い、病院で治療を受けているが、重体だという。

 誤作動が発生した76ミリ艦載砲はイタリア製で、韓国企業が性能を改良したもの。昨年10月に延坪島付近の西海NLLで南北の艦艇同士が交戦した際には、今回事故が発生したPKGと同型のPKG「趙天衡」で、76ミリ砲の不発弾が発生するという事件があった。「趙天衡」の艦載砲も、イタリア製のものに韓国企業が改良を加えていた。このため一部からは、韓国国内で艦砲を改良する際に技術的な問題が生じたのではないか、という指摘も出ている




 韓国海軍の関係者は22日「泰安沖の蔚島付近にいたミサイル高速艦が、76ミリ砲を射撃するため砲弾を装填したところ、誤作動で撃発されなかった。そのため射撃訓練をやめて平沢港に引き返す途中、砲弾1発が海上に向けて発射された」と語った。事故当時、乗組員は電源を切って砲弾を取り出そうとしたが、砲弾が出てこなかったため、油圧装置を利用して取り出そうと電源を再び入れた瞬間、砲弾が発射されたという。その際、艦首にいた21歳の1等兵が頭部の右側に重傷を負い、水原の亜州大学病院に搬送されて緊急手術を受けた。
 事故当時、高速艦は陸から6.2キロ離れた海上におり、港に戻る途中で、艦砲は陸の方向を向いていた。しかし発射された砲弾は2.2キロほどしか飛ばず、海に落下したため、民間人に被害は生じなかった。韓国海軍の規定上、誤作動を起こした艦砲の装填装置に入っている砲弾を取り出す際には、作業を始める前に乗組員全員が艦上から退避することになっているため、海軍では高速艦の乗組員が安全規定を守っていたかどうかも調査している。
2015年1月23日(金)10時16分配信 朝鮮日報日本語版

そういえば、昨年致命的な不具合が見つかったK-11小銃で、また不具合が見つかったそう。「規定の耐久性検査で、銃器1丁で全6000発を発射するところ、4000余発を発射したところですぐにネジが緩み射統装置で亀裂現象が発見された」 (2015/01/22 韓国segye.com)とか。武器を使うのも命がけ。怖いですね!!

【関連記事】
<最強韓国軍>最新鋭イージス艦、兵器が錆で使用不能も2年気付かず
<最強韓国軍>対戦車兵器の99.2%が老朽化で役立たず
<最強韓国軍>盗聴され放題!?軍用無線ではなく携帯が主流
<最強韓国軍>陸・海・空、開戦すれば1週間でほぼ弾切れに!
<最強韓国軍>夜間レーダー、艦艇、自走砲!欠陥だらけ韓国軍
韓国軍の暴行事件、わずか1カ月で約4千件= 醜悪な虐待の数々

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-01-26 00:10 | 政治・経済(1341)