韓国人の火病急増、サラリーマン90%が病む…その原因は?

韓国人の火病急増、サラリーマン90%が病む…その原因は?


韓国人サラリーマンの90.18%が「火病(鬱火病)をにかかったことがある」とした。
就職ポータルの「キャリア」は27日、サラリーマン448人を対象にアンケート調査を実施した。この結果、「職場生活のなかで火病にかかったことはあるか」という質問に90.18%の会社員が「ある」と回答した。
火病にかかった理由のうち、1位は「上司や同僚との人間関係にともなう葛藤(63.80%)」が占めた。また、「多すぎる業務、業務成果に対するストレス(24.89%)」「人事など考課算定に対する不利益(3.62%)」「早朝出勤および夜勤による睡眠不足(3.17%)」「解雇やリストラに対する不安感(2.71%)」などの理由が後に続いた。

「火病はどのような形態で現れるか」という質問には34.68%が「慢性疲労を病んでいる」と回答した。また、「躁鬱症(19.02%)」「脱毛(12.30%)」「職業病(9.84%)」「呼吸困難(6.26%)」「パニック障害(4.25%)」「その他(13.65%)」が後に続いた。
「オンライン上で悩みを解消する自分だけの方法があるか」という質問には、33.92%の人が「フェイスブック、ツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」を挙げた。次に「オンラインコミュニティ(30.99%)」「スマートフォンのアプリケーションプログラムにコメントを残すこと(17.54%)」「ブログ(12.28%)」「社内イントラネット掲示板(2.92%)」「その他(2.34%)」等の方法で悩みを解消することが明らかになった。

一方、火病は「くやしいことにあったり恨めしいことを体験して、積もった怒りを抑えることができずに表れる身体や精神のさまざまな苦痛」を称する言葉だ。主に胸にしこりがあるように感じ、苦しく熱がこみ上げてくるような症状が現れるため鬱火病とも呼ばれる。米国精神医学会でも火病を1995年から「火病(hwa-byung)」と表記して認めている。
2015年1月28日(水)16時55分配信 中央日報日本語版

・火病(かびょう、ひびょう、ファッピョン):
 怒りの抑制を繰り返すことで、ストレス性障害を起こす精神疾患。朝鮮民族特有の文化依存症候群の一つである(アメリカ精神医学会)。症状としては、疲労、不眠、パニック、切迫した死への恐怖、不快感、食欲不振、消化不良、動悸、呼吸困難、全身の疼痛、などを呈する(Wikipedia)。原因には男尊女卑など女性差別的傾向が極めて強い韓国社会の影響による説や千年以上にわたる中国奴隷時代のはけ口として近親相姦が横行していたことによる遺伝子異常という説などがある。


【関連記事】
「むかつく上司と後輩を見た時に表れる症状」、火病が35%=韓国
火病を隠して育てて来た韓国の風土変えよう!
戦後の米銃乱射事件ワースト11!見事、韓国人が第1位!!
女性へのDV日本の30倍以上!?ソウルだけで9万197件
逮捕された暴行犯、97%は裁判まで行かず釈放=韓国
横断幕だけじゃない。世界に嘘つきまくる韓国!嘘つきが国民性?

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-01-31 02:05 | 社会問題(489)