韓国!テロリスト安重根の遺骨探しを日本に協力を求める!?

韓国国家報勲処長、「日本に安重根の遺骨発掘に積極的に協力するよう促す予定」


 韓国の朴勝椿(パク・スンチュン)国家報勲処長が7日に東京で開催される「2・8独立宣言」の第96周年記念式に出席する。
 2・8独立宣言は、日本による植民地時代の1919年2月8日に朝鮮人留学生が東京で発表し、同年3月に起きた「3・1独立運動」の発端となった。
 国家報勲処長が同式典に出席するのは2010年以来5年ぶりとなる。朴処長は記念式のあいさつで、真の光復(日本による植民地支配からの独立)は過去70年の南北分断を終息させ、朝鮮半島の平和統一を実現することだとの考えを示すと共に、日本政府に対し、独立運動家・安重根(アン・ジュングン)の遺骨発掘に積極的に協力するよう促す予定だ。
 報勲処関係者は「日本の外交史料館などには安重根の関連記録があると推定されるが、日本政府が協力に消極的だ。日本から関連記録の提供があれば遺骨発掘に役立つ」と話している。
2015/02/05 14:18 聯合ニュース




伊藤博文襲撃直後の状況を伝えたロシアの新聞記事が見つかる=韓国ネット「安重根義士の偉業を国宝として後世に」「民族のプライドを養いたい」

2015年2月5日、韓国紙・朝鮮日報は、大韓帝国時代の朝鮮の民族主義活動家、安重根(アン・ジュングン)が1909年に、ハルビン駅で伊藤博文を射撃した事件を描写したロシアの記事が発見されたと伝えた。
報道によると、記事を発見した韓国歴史研究院院長は4日、「安重根義士の正義の行動について報じた1911年10月24日付のロシア・ペテルブルク新聞の記事をアーカイブで見つけた」と発表した。

安重根はハルビン駅で伊藤博文と議員3人に向けて拳銃を発砲し、ロシア語で「韓国万歳」と叫んだ後、ロシアの憲兵に逮捕された。記事では、当時のロシアのココツェフ蔵相が狙撃直後に「目の前で起きた事件に慌てることなく、倒れた伊藤公爵を支えた」ことや、ロシア人と日本人の随行員たちが、「気が狂ったように逃げまどった」様子が描写されている。また、「伊藤を迎える歓迎式をフィルムに収めるため、ハルビン駅にいたロシアのカメラマンがカメラを回しており、銃撃の瞬間を撮影していた」とも伝えている。
なお、この映像は、「ハルビンで撮影された初の映画」となる予定だったが、ロシア当局から上映禁止の処分を受けたため、フランスの企業家に売却された。2009年にはその一部が韓国地上波の歴史ドキュメンタリー番組で放送されたという。

これを受け、韓国のネットユーザーは、さまざまなコメントを寄せている。
「安重根義士の偉業を正しく伝えたい」
「韓国政府はこの映像を探し出して、国民に公開して。それを歴史記録物保管所に国宝として貯蔵し、後世に残していかなきゃ」
「私たちが、真に尊敬する人物は4人だけ。世宗大王、李舜臣、安重根、朴正熙だ」
「なぜ安重根義士の子孫を敗家亡身(身代をつぶし身を滅ぼす)のままにしておくのか?日本でさえ安重根義士の追悼会があるのに、韓国人であることが恥ずかしい」
「歴史資料の関係者は、政府や放送局の支援を受けて日本当局が修正・削除した安重根義士の射撃映像を探し出してほしい」
「安重根義士を通じて子供にも教育し、民族のプライドを養いたい」
「抗日感情を刺激しようとする意図を知りたい」(翻訳・編集/久保)
2015年2月6日(金)0時1分配信 Record China

【関連記事】
伊藤博文暗殺の安重根、「犯罪者」扱いは日韓対立の激化招く
【新・悪韓論】テロ撲滅訴えながらテロ犯称賛の矛盾
韓国活動家がテロ予告!日本に乗り込み「第2の安重根も辞さない」
中国に伊藤博文暗殺の安重根の碑を!朴大統領、習主席に要請
菅官房長官の安重根発言非難=「伊藤博文こそ侵略の元凶」―韓国
韓国政府、在韓日本大使館前のテロ容認!反日に突き進む韓国

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-02-07 01:20 | 政治・経済(1341)