日韓通貨スワップ!政府、韓国側の増額延長に応じない方針固める

日本政府、日韓「通貨スワップ協定」を延長しない方針固める


日本と韓国が、緊急時に通貨を融通しあう「通貨スワップ協定」について、日本政府が、延長しない方針を固めたことがわかった。
日韓関係の悪化が影響したものとみられる。
日韓両国は、国際金融市場が混乱したときなどに、通貨を融通しあう「通貨スワップ協定」を結んでいる。
2011年には、韓国通貨ウォンの急落などを受け、融通枠を700億ドルに拡大したが、その後、枠は縮小され、残った100億ドル分は、2月23日に期限を迎えることになっていた。
政府関係者によると、韓国側は、日本への融通枠の引き上げを提案し、延長を求めていたが、日本政府は、期限を延長しない方針を固めたという
通貨協定が途絶えることで、両国関係の冷え込みが強まる可能性もあり、経済や外交面への影響が懸念される。
2015年2月14日(土)12時29分配信 フジテレビ系(FNN)

【関連記事】
「日韓通貨スワップ約1兆2千億円」 延長の可能性=今週にも結論
日本の援助に仇で返し続けてきた韓国!経済破綻しても自業自得
通貨スワップ約5.4兆円支援も韓国からは感謝されず!韓国寄り!なぜ?
日韓スワップ、30億ドル分延長なしで合意 残りは2015年2月まで
韓国が次々に通貨スワップ協定を締結している理由!来年にも?
韓国の負債総額485兆円!2年前より10.6%増加!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-02-15 02:16 | 政治・経済(1341)