韓国人元徴用工ら1000人、日本企業を提訴へ

韓国人元徴用工ら1000人、日本企業を提訴へ  


【ソウル=吉田敏行】戦時中、日本に強制徴用され働かされたとして、韓国人の元徴用工と遺族の計約1000人が、日本企業約30社を相手取り、未払い賃金など1人当たり約1億ウォン(約1070万円)の支払いを求める訴えを3月中旬にもソウル中央地裁に起こす準備を進めていることが分かった。
 弁護団が24日、記者会見で明らかにした。

 提訴すれば、元徴用工らによる日本企業を対象とした同種の訴訟は9件目となり、原告約1000人は過去最多となる見込みだ。弁護団は「勝訴した場合、対象企業が所有する米国内の資産を差し押さえる手続きを進める」と述べた。
 日韓の賠償問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みだが、韓国最高裁が2012年5月、個人の請求権は消滅していないと判断を下して以降、日本企業に賠償を求める提訴が相次いでいる。
2015年2月24日(火)13時13分配信 読売新聞

【関連記事】
併合時の徴用、日本企業への賠償請求を認める=韓国最高裁
虫が良すぎる韓国!徴用で日本企業に賠償命令!一方で投資呼びかけ
韓国戦時徴用訴訟 新日鉄住金が賠償応じる意向=敗訴の場合
韓国に賠償請求された新日鉄住金 ヤクザみかじめ料と同じ
韓国が強制徴用した日本企業299社選定 麻生セメントの名も
韓国元徴用工ら252人が提訴 最大規模、対象16社に拡大も

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-02-25 02:21 | 政治・経済(1341)