サムスンの第4四半期『スマホ売上高世界シェア』が下落

「終わったね」と韓国ネット民から厳しい声も・・・「サムスンの第4四半期『スマホ売上高世界シェア』が下落。3年ぶりに10%台」の韓国報道に


 複数の韓国メディアは23日、米国市場調査会社であるストラテジー・アナリティクス(SA)の調査を引用。2014年第4四半期の売上高ベースによる世界シェアにおいて、サムスンのスマートフォンは、17.2%まで下落したと報じた。
 ストラテジーアナリティクスの調査によると、サムスンのスマートフォンの売上高ベースによる世界シェアについて、「2011年の第4四半期の19%以来、3年ぶりに17.2%と10%台を記録した」と報じた。
 一方、ライバルのアップル社は同時期のスマートフォン売上高で1位を獲得。サムスンのスマートフォン売上高ベースによる世界シェアと比較すると、「2倍以上の48.9%でほぼ50%に迫った
」という。これは、アップル社のスマートフォンであるiphone6の人気に後押しされた結果だ。




 サムスンがスマートフォン市場に本格的に参入した2010年頃について、「アップル社との世界シェアの差はほとんどなく、2013年の売上高ベースによる世界シェアは34.1%を記録し、アップル社の34.2%と比較しても、アップル社を追い越す勢い」であったが、2014年に入り、サムスンは売上を伸ばすことができず、「売上シェアが10%台まで下落した」と報じた。
 これに対し、韓国のネットユーザー達は、「サムスンしおれたね。完全に終わったね」「(韓国は)サムスン共和国だから言論の助けで国民を洗脳させ、ちょっと売れたんでしょ。韓国でも消費者達はすでにスマホの品質を知っている」など、サムスンに対して厳しい意見があったほか、「(ギャラクシー)デザインがわるい」などのコメントが寄せられた。
2015年2月24日15時23分 サーチナ(編集担当:李樹香)

【関連記事】
試練のサムスン。営業益が前年比60%減=7~9月期
ギャラクシー・ショック サムスン業績不振で韓国経済ピンチ
サムスン電子工場近くの川で1万匹の魚の死骸=発がん物質検出
サムスンの「Tizenスマホ」インドで酷評!「ハードは5年前レベル」
韓国サムスン、日本のスマホ市場から撤退か=シェア4%に暴落
サムスンのテレビが盗聴器に?家庭内の会話がだだ漏れ懸念

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-02-26 02:27 | 政治・経済(1341)