<川崎中1殺害>LINEが原因?LINE大人の死角。

<川崎中1殺害>LINE大人の死角 上村さんSOS届かず


 川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村(うえむら)遼太さん(13)が刺殺体で見つかった事件。殺人容疑で逮捕された3人のうちリーダー格の少年(18)とのトラブルや友人への相談など、あらゆる場面に登場するのがスマートフォンの無料通信アプリ「LINE(ライン)」だ。電子メールに代わり、中高生らの重要な伝達手段となっているラインは登録された友人しか閲覧することができない。保護者ら周囲の大人たちは、そのやりとりに込められた子どもたちの感情をどうくみ取ればいいのか。【斎川瞳】

 ◇識者「相談される環境を整えて」
 昨年夏のことだ。同級生らは上村さんの異変をライン上から感じ取った。アカウントを何度も変更し、連絡が取りにくくなった。特定のメンバーと同時にメッセージをやりとりできる機能の「グループ」では、同級生への書き込みが消えた。「交友関係が変わったのかな」と不思議に感じたという。
 不登校となった1月8日以降、上村さんと友人のやりとりはラインが中心に。上村さんはライン上にリーダー格の少年を含まないグループを作り、少年に内緒で他のメンバーとやりとりをしていたといい、怒りを買ったとされる。「先輩に殴られた」「仲間から抜けたい」。親しい友人には打ち明けていたが、SOSはラインの中にとどまった

 「ラインをやり始めて友達が信じられなくなった」。東京都内の私立中3年の男子生徒(14)のラインには塾や学校の友達など約30のグループが存在する。中2の冬、友人の一人とけんかをしたら、翌日にはグループから自分だけ消されていた。また、日ごろ仲の良い5人組の中で4人だけのグループがあることを知った時もショックだった
 ラインでメッセージを確認すると、相手には「既読」と通知される。既読後に返信をしないと「既読無視」「既読スルー」をしたと言われ、けんかやいじめにつながる。川崎市の市立中3年の男子生徒(14)は「昔は夜中でも必死で返信していたけど、今はあえて朝までメッセージを見ない『未読無視』をしている」という。

 こうしたラインを取り巻く世界に、大人の目は届いていない。中2の娘を持つ母親(44)は「夕食時もいつもスマホでラインをしている。注意しても『返信しないとやばいから』と言ってスマホを離さない」。どんなやりとりをしているのかは知らない。




 昨年3月。大阪市旭区は高校生が約200人の大人に向けてラインの使い方などを教える「LINE白熱教室」を開催した。グループ機能やスタンプなどの基礎知識のほか、ラインにまつわるトラブルなども紹介。今年は中学生も交えた教室を予定している。区の担当者は「一番詳しいのは子どもたち。大人が一方的に使用を制限するのではなく、子ども自身に紹介してもらい、使い方を考えてもらうことが重要だ」と話す。
 子どものスマホ利用に詳しい千葉大の藤川大祐教授(教育方法学)は「ラインが中高生らのインフラになっている一方で、大人が追いついていないのは確かだ。ただ、思春期の子どもは元々、問題を抱えても大人には相談したがらない。大事なのは大人がラインの世界でのことを相談してもらえる環境を日ごろから整えることだ」と指摘する。
2015年3月3日(火)15時0分配信 毎日新聞

【関連記事】
尼崎中3監禁 「LINE」が繋げた異様な集団生活!肛門にローターも
夜中もLINE気になって眠れない?「いじめ」を生むLINEの仕組み
携帯電話盗聴の事実を政府が認める 大揺れの韓国
日本のLINEは韓国に盗聴をされている=韓国国情院が傍受認める!
LINE、運営にノゾかれている?乗っ取り詐欺ごっこで垢BAN!
LINEいじめ」3つの要因!学校裏サイトの代わりとしても!?

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-03-09 00:08 | 政治・経済(1341)