韓国“米大使襲撃”で責任逃れ!「自分達が被害者」日本が悪い?

韓国“米大使襲撃”で責任逃れ 親北テロ強調…「自分たちが被害者」と主張


 リッパート駐韓米大使(42)がソウルで襲撃された事件で、韓国政府や与党などの保守派は、北朝鮮に追従する「従北勢力」による事件と断定し、米韓の関係回復に躍起だ。北朝鮮政策をめぐって与野党が対立を深める様相もみせている。シャーマン米国務次官の発言で米韓関係がぎくしゃくしていた時期だったが、米韓の問題は棚上げ状態に。警備体制の不備を含め、韓国政府の責任転嫁ともとれる姿勢が目立っている。




 韓国警察は6日、現行犯逮捕した政治団体代表の金基宗(キム・ギジョン)容疑者(54)の容疑を傷害から殺人未遂などに切り替えて逮捕した。
 警察によると、金容疑者は1999年~2007年に計7回訪朝。11年12月には同月死去した金正日総書記の焼香所設置をソウル中心部で試みていたことから、北朝鮮寄りの思想が過激な反米行動につながった可能性について慎重に調べる。
 大統領府、政府、与党の6日の合同会議では、「従北勢力」による事件との見方で一致。事件は、北朝鮮政策をめぐって、政争の具となる様相も呈している。

与党などの保守派は、「親北朝鮮勢力が起こした事件だ」と非難し、南北統一に積極的な進歩派の野党に攻勢をかけ始めている。保守派の市民団体も同調するように、従北勢力を糾弾する集会を開いている。
 保守系メディアも、親北勢力によるテロとの見方を強調。中央日報の日本版サイト(6日付)は「駐韓米国大使へのテロは大韓民国に対するテロだ」という見出しの社説を載せた。
 韓国情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は、「北によるテロだと強調し、われわれは被害者なんだと主張する。政権与党側は、この状態を利用し、従北派を排除してしまおうという狙いもあるのだろう。米国との問題はなかったと持っていきたいのだ。大使への謝罪もなく、自分たちが被害者だと主張する姿勢は、韓国典型の情報操作だ」と指摘する。
 前代未聞の凶行を未然に防げなかった反省はどこにいったのか…。
2015.03.07 夕刊フジ

そんな犯人は ↓ 「話にならない」と北寄りを否定

米大使襲撃に殺人未遂を適用 北寄りの思想については「話にならない」

 リッパート駐韓米国大使襲撃事件で、ソウル中央地検は6日、現行犯逮捕された金基宗容疑者(54)に、殺人未遂と外国使節に対する暴行などの容疑を適用し逮捕状を執行した。金容疑者は殺意を否認しているが、地検は大使の傷の深さなどから殺意があったと判断した。
 金容疑者は6日、警察が北朝鮮寄りの思想とのつながりを念頭に国家保安法違反容疑も視野に捜査していることについて報道陣に「話にならない」と述べ、北朝鮮の体制への同調を否定した。
 警察は金容疑者に7回の訪朝歴があるとして、事件との因果関係を捜査。6日の家宅捜索で、反体制的な内容が疑われる書籍を押収したと発表した。金容疑者は、背後勢力の有無に関する報道陣の質問に「全くない」と否定した。
 聯合ニュースによると、リッパート大使は5日の手術後、病院で「事件で韓米同盟が弱まることはない。両国関係強化のため早く復帰したい」と述べた。(共同)
2015.03.07 夕刊フジ

ちなみに、北朝鮮は、↓ 大喜び!?

ソウルの米国大使襲撃で北朝鮮メディア、「正義の刀の洗礼を受けた」

韓国ソウルで5日、リッパート駐韓米国大使が親北朝鮮派の男に切り付けられ、負傷した事件について、北朝鮮・朝鮮労働党の機関紙、労働新聞は6日、「正義の刀の洗礼を受けたものだ」と報じた。台湾・東森新聞雲が6日伝えた。
労働新聞は「戦争発動者の米国が受けるべき罰」と題した記事で米AP通信などの海外メディアを引用しながら、事件について紹介。「反米感情が生んだ事件だ」とも指摘した。
韓国・聯合ニュースは北朝鮮の朝鮮中央通信が事件発生から10時間あまりという異例のスピードで事件について報じたと指摘。その報道内容も、事件は「受けるべき罰」といったものだった。
また、北朝鮮のラジオも「襲撃事件は義挙だ」との論調で報じた。
2015年3月7日(土)12時16分配信 FOCUS-ASIA.COM (編集翻訳 恩田有紀)

そんな中、反米感情の高まりの原因となったシャーマン米国務次官の発言、ひいては大使襲撃も!?日本のせいを模索? ↓

米次官発言は「日本が仕掛けた」…韓国与党幹部

 【ソウル=豊浦潤一】シャーマン米国務次官が日韓の歴史問題をめぐる対立は韓国にも責任があるとの趣旨の発言をしたことに関連し、韓国の与党セヌリ党の羅卿●(ナギョンウォン)外交統一委員長は6日、ニュース専門テレビYTNに出演し、「日本が攻撃的な外交活動を仕掛けている」と発言した。
 シャーマン発言の背後には、日本のロビー活動があったと警戒感を示したものだ。
 韓国は、米大使襲撃事件で対米関係の修復が急務となる一方、「シャーマン発言をなかったことにしてはいけない」(野党国会議員)との声も根強い。羅氏は「(歴史問題で)実質的な結果が出るまで努力しなくてはいけない。日本は大変荒っぽい外交活動をしている。我々は防御が必要だ」と対抗心をむき出しにした。(●は王ヘンに媛の右のつくり)
2015年3月7日(土)8時12分配信 読売新聞

韓国人からの心からの?お見舞いも ↓

韓国人男性、愛犬家のリッパート駐韓米大使に犬肉を差し入れ―中国メディア

2015年3月8日、中国・新華社によると、マーク・リッパート駐韓米大使がソウル市内で刃物で切りつけられた事件で、韓国人の70代の男性が7日、大使を激励するためとして、犬肉とワカメのスープを持って大使が入院する病院を訪れたものの、病院側から丁重に断られていたことが分かった。
韓国では、手術後の回復に効果があるとして犬肉を差し入れる習慣がある。
リッパート大使は、ソウル市内の邸宅近くで飼い犬の「グリグスビー」を散歩させるなど、愛犬家として知られている。
大使は5日午前、ソウルの世宗文化会館で、韓国人のキム・ギジョン容疑者に顔を切りつけられ、80針を縫うけがを負った。病院側は、9日または10日ごろ抜糸をすると明らかにしている。
韓国の警察当局は6日、キム容疑者を殺人未遂や外国使節暴行、業務妨害の容疑で逮捕した。
2015年3月8日(日)12時23分配信 Record China (翻訳・編集/柳川)

【関連記事】
駐韓米大使襲撃、80針を縫う重傷!襲撃犯は独島守護団体代表
韓国の猛反発 シャーマン国務次官講演=「日本寄りの発言だ」
米政府高官が極秘訪韓で「反日」朴大統領を叱責!米軍司令も激怒
韓国人大学生4人が米国人女性を集団性レイプ
米軍慰安婦問題 韓国政府とメディア黙殺も海外メディア動く
強まる米軍の「韓国撤退論」 日本を敵対視する姿勢に高まる批判

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-03-09 00:34 | 政治・経済(1341)