遺産着服、横領罪で公判中の韓国籍弁護士を除名処分

遺産着服、横領罪で公判中の弁護士を除名処分 


 大阪弁護士会は10日、依頼者から預かった相続遺産を着服したとして業務上横領容疑で逮捕、同罪で起訴された同会所属の弁護士、梁英哲被告(41)=韓国籍、公判中=を同日付で除名処分にしたと発表した。同会の調査に着服を認め、事務所経費などに流用したと説明しているという。
 同会によると、梁被告は平成24~25年、死亡した母親の遺産分割の依頼を受けた相続人4人から預かっていた遺産約2900万円を着服した。同会は「横領額が大きく、一切の被害回復措置も講じられていない」とし、懲戒処分で最も重い除名が相当と判断した。
大阪弁護士会 2015.3.11 12:10産経新聞

「横領額が大きく、一切の被害回復措置も講じられていない」から除名とのことですが、被害額の大小・被害回復処置の有無ではなく、1円でも横領したら『除名』ではないでしょうか?前から感じられることですが、弁護士会は甘すぎるように思います。

【関連記事】
強姦被告側弁護士:「示談なら暴行ビデオ処分する」=被害女性に
弁護士など29人が家出少女と乱交=韓国
慰安婦問題の「主犯」は社民党党首 福島瑞穂弁護士
「慰安婦=性奴隷」説を広めたのは反日の多い日本人弁護士
慰安婦問題の発火点!「反日」日本人弁護士の暗躍?
米の日系弁護士協会、「慰安婦少女像」の撤去訴訟に、反対!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-03-13 01:40 | 政治・経済(1341)