米大使テロ:日本大使襲撃後も韓国政府は金容疑者を支援

米大使テロ:日本大使襲撃後も韓国政府は金容疑者を支援

 マーク・リッパート駐韓米国大使襲撃犯の金基宗(キム・ギジョン)容疑者が、韓国政府の予算からの3200万ウォン(約340万円)をはじめ、さまざまな支援を受けていたことが分かった
 文化体育観光部(省に相当)が16日、与党セヌリ党のパク・テチュル議員から受け取った資料によると、同部は金容疑者が設立した団体「ウリマダン(私たちの庭の意)」による伝統芸能「マンソクチュンノリ」の公演に、2000年から08年にかけ計4回にわたり、2000万ウォンの支援を行った。マンソクチュンノリは北朝鮮の開城地方に伝わる影絵人形劇で、金容疑者が統一運動などに活用してきた。
 2011年には、同部傘下の映画振興委員会が、マンソクチュンノリの公演に予算から300万ウォン(約32万円)の支援を行った。金容疑者が10年7月、駐韓日本大使にコンクリート片を投げ付け実刑判決を言い渡された直後のことだ。映画振興委はまた、12年から昨年にかけ「ウリマダン」の学術的なイベントに、ソウル・忠武路のソウル映像メディアセンターを無償で貸し出し、後援の権限も付与していた。
2015年3月17日(火)8時6分配信 朝鮮日報日本語版

昨日、朝鮮日報が『今もわれわれ韓国人の中にはテロリストを「烈士(信念を貫いた人)」「罪を憎んで人を憎まず」と擁護する勢力がある』( 2015年3月16日11時10分配信 朝鮮日報日本語版) と書いていましたが、まさにテロリストを支援する国なのですね!

【関連記事】
95歳男「日本統治よかった」発言で殴り殺される=韓国=「勲章ものとの声も」
【新・悪韓論】テロ撲滅訴えながらテロ犯称賛の矛盾
韓国活動家がテロ予告!日本に乗り込み「第2の安重根も辞さない」
英雄視する前に韓国人が知っておくべき安重根の真実
駐韓米大使襲撃、80針を縫う重傷!襲撃犯は独島守護団体代表
韓国“米大使襲撃”で責任逃れ!「自分達が被害者」日本が悪い?

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-03-18 01:32 | 政治・経済(1341)