軍師官兵衛出演の在日韓国人俳優「隆大介」が空港で職員に暴行

俳優・隆大介「ケリで骨折させ」台湾の空港で大暴れ


a0232045_1203613.jpg 黒沢明監督の「影武者」などに出演した俳優の隆大介(りゅうだいすけ)容疑者が、台湾の空港で職員に暴行し、重傷を負わせた疑いで現行犯逮捕されました。
 隆大介容疑者:「ここにいる理由はないだろ、俺いま。居させてよ、そこに」
 地元メディアによりますと、隆容疑者は21日、台湾の桃園国際空港で入境カードの記入を求めた空港職員のひざを蹴って骨折させたとして、傷害と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕されました。

 台湾移民署副大隊長:「到着した際、彼は飲酒していて、入境カードを記入していなかった。カードの記入を求めたところ、突然、機嫌が悪くなり、職員を殴り始めた」
 隆容疑者はその後、保釈され、現在、検察の処分を待っている状態だということです。隆容疑者は映画の撮影のために台湾を訪れていたと地元メディアは伝えています。
2015年3月23日(月)10時33分配信 テレビ朝日系(ANN)

ちなみに、同テレビ朝日ニュースによると、暴行を受けた空港職員は左膝を骨折し、全治半年の重体。テレビ朝日の報道では、いっさい触れていないが、 隆大介容疑者は韓国籍とのこと。 ↓



在日韓国人俳優、隆大介が空港で大暴れ・・映画制作側は「契約を即日解除」―台湾メディア

台湾メディアによると、在日韓国人俳優の隆大介が21日晩、台湾桃園国際空港で酒に酔って、入国審査官のひざを蹴って骨折させるという醜態をさらした。23日付で台海網が伝えた。
一連の様子を撮影した映像によると、隆はカメラに向かって大声を上げるなど、すっかり「招かれざる客」になっていた。隆をマーティン・スコセッシ監督の新作「サイレンス(原題)」への出演のため台湾に招聘した制作側は、22日晩に声明を出し、「出演契約を即日解除した」と明かした。隆は強制送還されることになるとみられている。
2015年3月23日(月)16時44分配信 FOCUS-ASIA.COM (編集翻訳 小豆沢紀子)

【関連記事】
韓国人の火病急増、サラリーマン90%が病む…その原因は?
在日俳優「岩城滉一」サッカー日本代表を『サル呼ばわり』
韓国人気俳優パク・シフのレイプ疑惑、カメラ映像を確保!薬物も?
逮捕された暴行犯、97%は裁判まで行かず釈放=韓国
韓国籍の連続レイプ魔「金用将」を逮捕!NHKは通名報道
在日韓国人男性、中国の空港で「自分は日本人」と主張

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-03-24 01:32 | 政治・経済(1341)