休日のソウルで地盤沈下相次ぐ!シンクホールの恐怖。

三成洞・新村が相次いで…休日のソウルでシンクホールの恐怖

ソウルに再び「地盤沈下(シンクホール)」恐怖が起きている。
29日午前6時40分ごろ、ソウル江南区三成洞(カンナムグ・サムソンドン)COEXの交差点付近の一部道路が陥没し、通過中のバイクがこれに車輪をとられた。直径1メートル、深さ30センチの道路沈下で、バイクに乗っていた運転者Aさん(19)と同乗者ら2人が擦過傷など負った。ソウル市は上水道管の漏水によって土砂が削れたことにより地盤が沈んだとみている。

同じ日の午後2時20分には西大門区(ソデムング)現代デパート新村(シンチョン)店前の道路が陥没したことで15トントラックが横転する事故が発生した。車両は歩道側に倒れたが、幸い通行人はおらずけが人等は発生しなかった。沈下が発生した道路は上下水道工事が終わった後、アスファルトで一時的に埋めた場所だった。




a0232045_246026.jpg


同日の道路沈下は休日の流動人口が多い大型商圏の中心で発生したため市民の不安を大きくした。先月20日にも龍山(ヨンサン)住宅商店複合アパート工事現場前の歩道が陥没して通行人2人がこの穴に落ちた。バスから降りて歩道を歩いていた20代の男女2人が一緒に地面の下に落ちる姿が閉回路TV(CCTV)に映され、その生々しい様子が伝えられた。ここも近くに大型ショッピングモールがあった。

最近相次いでいる都心の地盤沈下について、多くの専門家は「工事管理の不良」を指摘している。新村で起きた沈下は次の作業のために一時的にアスファルトを埋めた道路で発生した。一般車両通行には問題がなかったが、15トントラックの重量には耐えることができなかった。ソウル市立大のイ・スゴン教授(土木工学)は「春を迎えて都心で浸水防止工事や上・下水管工事が相次いで行われているが、工事に対する総合的な管理が行われていない」と指摘した。「施工段階から地下水の流れや地盤の構造などを綿密に検討して工法を選んで工事を管理しなければならない」ということだ。

龍山住宅商店複合アパート前の歩道陥没も、遮水壁の設置が不完全だったため地下水と土砂が流出して発生した。大型建築物を作っておきながら、地下水の流出やそれに伴う地盤沈下を考慮できていないのだ。当時、ソウル市や地盤工学会は陥没が発生した住宅商店複合近隣で3カ所の追加危険地盤を発見した。昨年、石村(ソクチョン)地下車道陥没も、地下鉄9号線工事の管理不良が原因だった。カトリック関東大のパク・チャングン教授(土木工学)は「春季の解氷期には凍った地盤が解けて発生した水が土砂を押し流すため、一層注意しなければならない」と強調した。

最近数年間の統計を見ると、沈下を起こしている主犯はやはり老朽下水管だ。2013年基準でソウル下水管1万392キロのうち、30年以上経った老朽下水管は48%(5023キロ)に達する。ソウル市によると、2010年から昨年まで発生した道路陥没3205件中2714件(84.7%)が老朽下水管の破損が原因だった。過去30年間、水関連政策が上水道中心に移ったため、関心外だった下水管が都市を脅かし始めたのだ。
環境部が昨年20年以上経った全国下水管3万7564キロのうち1637キロを対象に道路陥没の可能性を点検した結果、1キロあたり1カ所で危険があることが明らかになった。環境部とソウル市は老朽下水管を段階的に整備していく計画だ。
2015年3月30日(月)10時18分配信 中央日報日本語版



ソウルで地盤沈下相次ぐ、15トン車が転倒、人災の指摘も・・韓国ネットは「ソウルがこのまま沈下しそう」「東京の地下はソウルより複雑なのに…」

29日の聯合ニュースによると、ソウルで道路が突然陥没し、車やバイクの事故が相次いで発生したと報じた。
29日午前6時44分頃、江南区のコエックス前の道路が30センチメートル程度沈下した。この沈下により、バイク2台が事故を起こしたが、大きな人命被害はなかったという。コエックスは韓国最大のコンベンションセンターでモールも設置されており、観光客も多い。ソウル上水道事業本部の関係者は事故の原因を、「古い水道管の溶接部分が損傷し、水がもれた」と説明、「老化した水道管の交換が投資の優先順位からはずれており、来年から(交換を)始める」と述べたという。今回、事故の原因となった上水道管は36年前に設置されたもので、一般的な上水道管の寿命である30年を超えていた。
また、同じ日の午後2時20分頃、新村の現代百貨店の駐車場付近の道路が沈下し、その上を走っていた15トンの下水道浚渫車が歩道側に倒れる事故も起きている。当時、歩道には4~5人がいたが、車の倒れるスピードが遅く、難を逃れたという。事故が起きた場所は、上下水道の工事をした後に、仮のアスファルトで蓋をしていたが、15トンの重さに耐えられず、沈下したと見られる。沈下した地盤の規模は縦1メートル、横3メートル、深さは1メートルだった。
記事は、寿命が過ぎた上水道管や工事後の道路の管理が適切に行なわれていなかったことが原因であり、“人災”との指摘も出ているとしている。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。
「2015年にはもっと大きな何かが起こる気がする。みんな気をつけろ」
「考えてみろ。超高層ビルに地下鉄。地盤が弱くなるのも理解できる。地下鉄に乗っている時、水道管が破裂して、水が地下に漏れたら、大きな被害を及ぼすだろう。自然を破壊した対価とはそういうものだ」
「ソウルには絶対に暮らしたくない」
「第二のロッテワールドは怖い」
「偶然に見えても偶然ではない。これまでの問題が水面上に出てきた。これからまた事故が起こるかもしれない」
「国が崩壊?日本が韓国の経済破綻を喜んでいるこんな時期に・・・」
「うわー、恥ずかしい。ソウルのど真ん中で運がなければ、事故に遭うかもしれない。こんなことが日本や米国、中国でも放送されていると思うと、本当に残念」
「北が地下にソウルまで通じる穴を掘っているのかもしれない」
「ソウルがこのまま沈下しそう」
「日本が海に沈む前に韓国が先に沈下しそうだ」
「江南の土は砂みたいで、高層ビルを立てたら、耐えられない」
「ソウルは毎日が戦場だ。みんなの無事を祈る」
「外交的には日本、中国、米国の間に挟まれているのに、国内では事故が絶えない」
「東京の地下はソウルより複雑な地下鉄が走っているのに、こんな事故は起きていない。日本では想像できない事故。韓国の建設は信じられない」
「ソウル市長が東京で見学してきたようにシンクホールを防ぐにはソウルの下水道管を全部交換しなければならない」
「もう第二ロッテワールドのせいにはできない。ロッテワールドを立てていない場所で事故が起きている」

2015年3月30日(月)15時3分配信 FOCUS-ASIA.COM (編集翻訳 MJ)

【関連記事】
韓国・ソウルで歩道が深さおよそ5mにわたり陥没 男女2人転落
突然、道路が大陥没!いったいナゼ? 韓国ソウルが穴だらけ
韓国第2ロッテワールド、今度は周辺道路に沈下や亀裂!4階床にもヒビ
ソウルの街は落とし穴だらけ?10年で約50万個発生!
道路陥没「東京の100倍」で東京の技術力にすがる韓国ソウル市長
韓国は道路も危険!50日前に大陥没した地域でまた陥没

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-03-31 02:47 | 政治・経済(1341)