米財務省が再び韓国に圧力、為替介入の停止を要求

米財務省が再び韓国に圧力、為替介入の停止を要求―韓国メディア


米財務省が韓国の金融当局に為替介入を止めるよう、再び圧力をかけた。10日付で韓国KBSワールドラジオが伝えた。
9日付のAP通信によると、米財務省は、韓国当局が昨年12月と今年1月に為替介入を行ったとの見解を示した。韓国を為替操作国とは認定しなかった。米財務省は昨年4月と10月にも、韓国の為替政策について、「市場の混乱など例外的な状況でない限り、介入すべきではない」との見解を示している。
2015年4月12日(日)8時11分配信 FOCUS-ASIA.COM (編集翻訳 小豆沢紀子)

【関連記事】
米財務省が韓国に為替介入!自粛要求へ
米財務省、懲りない中韓の「不透明な為替介入」に猛批判!
為替操作宣言!?ウォンを円に合わせ制御する=韓国政府高官
ウォン高円安!2008年以降最高値に(短期・長期チャートあり)
負債1兆円!?韓国系造船「STX大連」破産へ!本社も危機的状況
中韓経済“底割れ”寸前 見る影もないリコノ&クネノミクス

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-04-13 01:44 | 政治・経済(1341)