韓国、広がる金銭疑惑 大統領側近、野党、国連事務総長と続々

韓国、広がる金銭疑惑 大統領側近、野党、国連事務総長の名前続々…


 【ソウル=名村隆寛】韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領の側近らによる金銭受け取り疑惑が拡大の一途をたどっている。李(イ)完九(ワング)首相や歴代の大統領府秘書室長ら8人に加え、野党有力者や国連の潘(パン)基文(ギムン)事務総長の名前まで浮上。朴大統領が南米歴訪で不在の中、李首相に辞任を要求する声が与党からも高まるなど、国政は混乱している。
 疑惑が拡大したのは、李(イ)明博(ミョンバク)前政権時代の資源開発投資をめぐり横領疑惑をかけられていた、与党セヌリ党前議員の成(ソン)完(ワン)鍾(ジョン)京南企業前会長が韓国紙に疑惑について語った直後に自殺し、遺体から朴大統領の側近ら8人に金銭を渡したとするメモが見つかったためだ




 8人には、朴政権での歴代大統領府秘書室長3人と、朴氏が大統領に当選した2012年に選挙対策委員会の幹部を務めた3人が含まれており、洪(ホン)準(ジュン)杓(ピョ)慶尚南道知事を除く7人は朴氏に極めて近いとされる。
 このうち李首相は、13年4月の国会議員補選で3000万ウォン(約330万円)を受け取った疑いがある。本人は「証拠が出れば命を差し出す」と否定したが、韓国国内では李首相の辞任はもはや避けられないとの見方が支配的だ。

8人とは別に、次期大統領選への出馬が取り沙汰される潘基文事務総長と成氏とのつながりも浮上した。李首相と潘氏、成氏の地元は中部の忠清道で、潘氏の弟は先月末まで京南企業の顧問を務めていた。成氏は生前のインタビューで「潘氏とは親しい」と証言。潘氏は疑惑との関連を否定するが、成氏と面識があったことは認めている。

 さらに、首相退陣を求める野党側にも疑惑は広がりつつある。野党の有力政治家7、8人に成氏から違法な金が渡っていたことが、検察が押収した帳簿から判明したためで、野党側も動揺は避けられない。
 こうした中、朴大統領は16日、「首相の去就は帰国後に決める」との意味の言葉を残して南米歴訪に出発した。大統領は今月末まで12日間不在となり、この間の国政運営は李首相に任される。
 だが、疑惑の渦中にいる李首相が大統領の職務を代行していることに対する批判は日に日に強まっており、与党セヌリ党からも李首相が自ら辞意を表明することを求める声が出始めている。李首相が辞任すれば、支持率低迷にあえぐ朴政権にとって大きな打撃となるのは必至だ。
2015.4.18 21:11産経ニュース http://www.sankei.com/world/news/150418/wor1504180045-n1.html


朴政権に裏金疑惑の特大ブーメラン 沈没船追悼でも不手際 高まる退陣要求

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が窮地に追い込まれている。セウォル号沈没事故から1年を迎えた16日、犠牲者への追悼もそこそこに南米歴訪に出発した対応に遺族らの怒りが爆発。さらに側近や現役首相に巨額の裏金が渡った疑惑も直撃し、批判が渦巻いている。国会では野党が、内閣総辞職や大統領の弾劾を求めるなど攻勢を強めるほか、与党内からも首相辞任を求める声が浮上。専門家は「首相が辞任に追い込まれたら政権はいよいよもたない」と指摘。政権のレームダック化が加速しそうだ。
 304人が死亡・行方不明となった旅客船セウォル号沈没事故の追悼式は大荒れとなった。大惨事から1年となった16日、朴大統領は事故現場近くの南西部・珍島で犠牲者を追悼したものの、その後、南米歴訪に出発。遺族らは猛烈に反発し、合同焼香所が置かれたソウル近郊の安山市でも遺族らの出席拒否で追悼式が急遽中止になった。

 「朴槿恵(大統領)は退陣しろ」「セウォル号を引き揚げろ」。夜にはソウルで朴政権に抗議する3万人規模のデモが発生。一部では機動隊ともみ合いとなり、催涙弾が使用されるなど市中心部がまひした。
 朴氏が国外に“逃げ出したくなる気持ち”もわからないでもない。事故対応の不手際だけでなく、政権を揺るがす大きな疑惑に襲われているからだ。

 「建国以来、最悪にして最大の権力不正が勃発した」
 13日付の朝鮮日報は、野党・新政治民主連合の鄭清来(チョン・チョンネ)議員が同日、韓国国会でこう語ったと報じた。「不正」とは、李明博(イ・ミョンバク)前政権が発火点となったスキャンダルだ。
 李政権が推し進めた海外での資源開発に絡み、約250億ウォン(約27億5000万円)を横領した疑いで、建設関連会社「キョンナム企業」前会長で、与党セヌリ党前議員の成完鍾(ソン・ワンジョン)氏が検察の事情聴取を受けていた。

 だが、成氏は9日、自殺。成氏は死の直前、京郷新聞の電話インタビューに応じ、朴氏側近2人に裏金(計約8900万円)を渡したと証言していたのだ。
 韓国メディアによると、その2人とは、金淇春(キム・ギチュン)前大統領府秘書室長と許泰烈(ホ・テヨル)元大統領府秘書室長で、自殺した成氏のポケットからは、朴氏と近い有力政治家らを含む8人=別表=の名前と金額を記したメモも見つかった。リストの中には、朴政権を揺るがしかねない超大物の名もあった。
 『徹底比較 日本vs.韓国』(河出書房新社)などの著者で韓国事情に詳しいノンフィクションライターの高月靖氏は、「韓国内で最も物議を醸しているのが、李完九(イ・ワング)首相と、李丙●(=王へんに其)(イ・ビョンギ)大統領府秘書室長が(メモで)名指しされていたことだ。李丙●(=王へんに其)氏は2012年の大統領選で選対責任者を務めた側近中の側近で、李完九氏は2月に就任したばかりの新任首相。2人とも具体的な金額こそ明示されていないが、疑惑が事実なら政権は致命的な打撃を受けることになる」と話す。
 韓国内で「親朴ゲート」と呼ばれるこの裏金疑惑を受けて野党は政権への攻勢を強めている。

 朝鮮日報によれば、前出の新政治民主連合・鄭議員は「内閣は総辞職するべきだ」と主張。「現在繰り広げられている腐敗は朴大統領が10回ほども弾劾されるべき事案だ」とも迫ったという。
 韓国大統領の弾劾には、国会議員3分の2以上の賛成が必要でハードルは高いが、2004年には選挙法違反などで当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領への弾劾訴追案が可決、盧氏の大統領職務が停止している。
 李首相に対しては、野党どころか与党・セヌリ党内からも辞任を求める声が上がり、予断を許さない状況が続いている。
 政権への不満は高まるばかりで、韓国の世論調査会社リアルメーターが13日に発表した調査結果をみると、朴氏の支持率は前週から2・1ポイント下落の39・7%、5週間ぶりに30%台に低迷した。逆に不支持率は2・9ポイント上昇の54%と過半数に達している。

 国政、世論ともに見放されつつある朴政権。この急場を乗り越える術はあるのか。
 日韓関係に詳しい新潟県立大学大学院の浅羽祐樹教授は「朴氏は、司法当局と連動し、前政権のスキャンダルを暴くことで、政権浮揚につなげようとしたが、もくろみは完全に失敗した。『親朴ゲート』の疑惑がどの程度、真実味があるかは今後の検察の捜査次第ではあるが、返り血をもろに浴びた格好だ」と指摘し、こう続ける。
 「現段階で大統領の弾劾は現実味はないが、李首相が辞任に追い込まれれば、政権のダメージは計り知れない。彼は、セウォル号沈没事故での対応の不手際が批判され、今年2月に辞任に追い込まれた鄭●(=火へんに共)原(チョン・ホンウォン)前首相の後任。人事を一新し、政権の再出発をアピールするために選んだ人物がコケれば、朴氏に残された手駒はいよいよなくなる。政権与党のセヌリ党執行部も『反朴派』が多数を占めており、『親朴派』は少ない。執行部が朴氏を完全に見限れば、いよいよ政権は危ない」
 朴政権の命運は、風前のともしびだ。
2015.04.17 夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150417/frn1504171830006-n1.htm

【関連記事】
李明博大統領が服役の側近ら55人を特赦!129人に勲章授与も
セウォル号沈没から 朴政権、任期3年残して“レームダック”
桂銀淑、詐欺の共犯は朴大統領いとこの長男…詐欺の常習犯だった
収賄:李大統領夫人のいとこに懲役2年=韓国
自滅する韓国 朴大統領の異常な要請と韓国の屈辱の歴史
韓国「反日」10大ニュース発表! 1位は朴氏の“告げ口外交

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-04-19 01:34 | 政治・経済(1341)