韓国「クリーン石炭技術」火力発電はむしろ深刻な環境汚染に=比

韓国の「クリーン石炭技術」でフィリピンに導入の火力発電所、深刻な環境汚染招く・・韓国ネット「これが資源外交か」「発電所を作ってあげたのに、なんで悪口を...」


韓国メディア・オーマイニュースは17日、フィリピン・セブ島に韓国電力公社(韓電)が現地電力会社と合弁で建設した石炭火力発電所のために、地元住民の生命が危険にさらされていると報じた。
記事によると、韓電は環境汚染や健康被害を懸念した地元民や環境団体の反対を押し切り、セブ島中央部に20万キロワット規模の石炭火力発電所を建設、2011年から稼働させている。
韓電は、「クリーン石炭技術」を導入して汚染物質の排出を低減し、「1億ドルの輸出相乗効果を創出した」と広報している。だが、フィリピンの環境団体からは、韓電の言う「クリーン石炭技術」は、既存の発電所に比べて石炭灰を4倍も発生させると非難している。発電所では毎日250トンもの石炭灰が発生しているが、しっかりした処理施設もないために近隣に投げ捨てられ、周辺住宅には黒い埃が入り込んだ。地元民の被害の訴えに、裁判所は2011年に「住民の健康に被害を及ぼす可能性がある」として、石炭灰を発電所敷地内で処理するよう命じた。
だが、発電所周辺には石炭灰が今も放置されたまま。この石炭灰には有害物質の水銀やヒ素、カドミウムなどが多く検出されている。セブ島では、呼吸器疾患やガンの発生率や死亡率が全国平均を上回っているという。


国際社会では現在、環境汚染や地球温暖化の問題から石炭火力発電所の輸出を抑制しようという動きが出ている。経済協力開発機構(OECD)は石炭発電所の輸出信用支援廃止を検討中だ。
だが、韓国政府は「発展途上国は安価で豊富な石炭に依存するしかない」と主張。むしろ石炭発電所の輸出を促進する方針
。韓電は昨年、セブ島のもう一つの老朽発電所を買収し、新たに30万キロワット級の石炭火力発電所を建設すると発表した。さらに、セブ島以外でも石炭火力発電所の建設を進める意向を示している。
フィリピンの市民運動家は「我々は、フィリピンの地域社会に害を与える石炭火力発電所の建設に投資しないよう、環境を愛するすべての韓国国民と政府関連機関に訴えている。韓国国民の税金は、フィリピン人の生活を破壊するために使われるべきではない」と呼びかけている。




この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。
「これが資源外交だったか。国民の税金で世界で問題を起こしていたのか」
「資源外交が国の恥となった」
「なんで税金を使って恥ずかしいことをしているの?」
「自爆外交」
「李明博元大統領は韓国だけではなく世界を汚染させたのか」
「国家の恥だ。韓国国民が怒っても変わらない」
「いったい海外で何をやってる?石炭灰の管理がなぜできない?」
「いくら後進国だからって環境対策がないとはどういうことだ?韓国の公務員のレベルはどこに行っても同じ。賄賂をもらうことしか考えていない」
「記事がフィリピンに偏りすぎ。電力は必要。だが、お金はなく石炭はある。石炭で発電する以外ない」
「石炭は管理だけうまく行けば、原発より安全」
「電力が必要なら発電所は欠かせない。石炭は環境汚染の元、石油は高い、原発は危険、水力も環境を破壊する。太陽光は広大な土地が必要。何かを犠牲にしないと電力は手に入らない」
「電力が確保できなければ、経済的な発展はできない。発電所を作ってあげたのに、なんで悪口を言われなきゃならないの?」
「フィリピンの大統領は安倍は我が友と発言したし、フィリピン自体、親日国」
「こんな恥ずかしいことをするなら、日本の国旗を付けて、日本のふりをしろ」
「環境汚染は米国、ヨーロッパ、日本が一番やってきたのに、いまさら我々が責任を取らなきゃならないか?」
2015年4月19日(日)20時4分配信 FOCUS-ASIA.COM (編集 MJ)

【関連記事】
サムスン電子工場近くの川で1万匹の魚の死骸=発がん物質検出
韓国!73%の企業が発ガン・毒性物質垂れ流し?大企業も30年以上
韓国の雪はすっぱい?大気汚染で酸度「オレンジジュース並み」
死傷者4千人超!20年前から有毒ガスに無策な韓国政府
韓国の亀尾!有毒物質流出や爆発など事故多発!
サムスンが組み立て!?台湾企業の工場で足場崩れ13人以上死亡

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-04-19 23:59 | 政治・経済(1341)