韓国30大企業グループ純利益の81%をサムスンと現代自が占める

韓国30大企業グループ純利益の81%をサムスンと現代自動車が占める


 昨年、42兆ウォンのうち34兆ウォンを獲得 他のグループより利益減少幅少なく 売上増加率は19%、22%で大差なし
 サムスングループと現代自動車グループの純利益が昨年、30大グループの当期純利益総額の81%を占めていたことが分かった。 30大グループの中での両極化現象が深刻化していることを示している。

 企業経営成果評価サイトのCEOスコアは19日、2014年事業報告書を提出した30大グループ1162社の系列会社の昨年当期純利益合計額が41兆5690億ウォンと集計されたと明らかにした。 サムスンと現代自動車グループの系列会社118社の当期純利益総額は33兆6760億ウォン(1円=9ウォン)で、全体の81%に達した。 2010年には47.5%であった。
 このような集中現象は、当期純利益総額減少のによる部分が大きい。サムスン・現代自動車グループの2014年当期純利益(約34兆ウォン)は、2010年(38兆ウォン)より4兆ウォンの減少に終わった反面、同期間の残り28グループの当期純利益は42兆ウォンから8兆ウォンに減った。

 売上高で見れば、30大グループの昨年売上高は1350兆8910億ウォンで、2010年(1133兆9760億ウォン)より19.1%増えた。 サムスンと現代自動車グループは同じ期間に384兆2050億ウォンから468兆5280億ウォンに21.8%増加し、他の28グループは749兆7710億ウォンから882兆3630億ウォンに17.7%増加した。 売上の増加率は大差ない水準だが、当期純利益では大きな差を示したわけだ。
 これについてCEOスコアのパク・ジュグン代表は「30大グループ全体の当期純利益が同じ期間に半減する状況で、二つのグループの純益が残りのグループに比べて大きく減らなかったため」とし、「ますます激しくなる経営環境の中で、二つのグループが相対的に善戦した」と明らかにした。
2015年4月20日(月)17時41分配信 ハンギョレ新聞 (イ・ジョンフン記者)

【関連記事】
負債増!サムスン・現代など主要30社、2013年総負債額68兆円
サムスン&現代自、共倒れ必至…大企業依存の韓国経済に大打撃 決算見通し
韓国LG、日本の中小企業に恫喝&脅迫!韓国企業の体質とは?
【経済危機】サムスン電子が“尋常じゃない状況”に=韓国
ギャラクシー・ショック サムスン業績不振で韓国経済ピンチ

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-04-22 00:09 | 政治・経済(1341)