韓国政府相手にローンスターが5兆ウォン訴訟…ワシントンで始まる

韓国政府相手にローンスターが5兆ウォン訴訟…ワシントンで始まる


米国系の私募ファンド「ローンスター」が韓国政府を相手に起こした46億7900万ドル(約5兆1000億ウォン)相当の投資家・国家間訴訟(ISD)の審理が15日(現地時間)、米ワシントン国際投資紛争解決センター(ICSID)で始まった。韓国初のISD訴訟が本格化したのだ。

2003年に外換銀行を買収し、2012年にハナ銀行に売却したローンスターが、韓国政府から差別を受けたかどうかがISDの核心の争点だ。ローンスターは「韓国政府の嫌がらせと否定的な世論で外換銀行売却の適期を逃して損害が発生し、納めなくてもよい税金を支払った」と主張している。
24日まで10日間続く一次審理には、外換銀行の売却に関する意思決定をした元官僚が証人として出る予定だ。ローンスター側が証人として申請した韓悳洙(ハン・ドクス)元経済副首相と全光宇(チョン・グァンウ)・金錫東(キム・ソクドン)元金融委員長らが出席するという。

【関連記事】
韓国!軍でもソフトの違法使用?MS、ISD条項の行使も
韓国、TPP参加検討!一方、米韓FTAでは米国の植民地に!?
韓米FTA:15日に発効、米国産食料品値下がり
韓国で国産車離れの危機…FTA、ウォン高など“4重苦”に足踏み
米財務省が再び韓国に圧力、為替介入の停止を要求
<まとめ>日本に謝罪を求め続ける韓国は今まで何をしたか?

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-05-19 00:54 | 政治・経済(1341)