UAE投資会社が韓国政府に1838億ウォンの返還請求訴訟

UAE投資会社が韓国政府に1838億ウォンの返還請求訴訟・・韓国ネットは「ついに来たか」「韓国政府はこれから大変なことに…」

22日の韓国・東亜日報によると、アラブ首長国連邦(UAE)の王族マンスール氏が会長を務める国際石油投資会社(IPIC)が、韓国政府を相手に1838億ウォンの税金返還を求める訴訟を進めている。韓国政府は、米国系私募ファンドのローンスターに続き、「投資家・国家間訴訟」(ISD)に巻き込まれた。
記事によると、IPICのオランダ法人ハノカルホールディングスBVが韓国政府を国際投資紛争解決センター(ICSID)に提訴した。

ハノカルは1999年、現代オイルバンクの株式の50%を取得し、2010年8月に持ち分を現代重工業に1兆8381億ウォンで売却した。この際、売買代金の10%に当たる1838億ウォンを韓国国税庁に源泉徴収された。
しかし、ハノカル側は、韓国とオランダは二重課税回避条約を締結しており、韓国での課税が免除されると主張。韓国で税金返還訴訟を起こしたが、一審、二審で敗訴している。現在は最高裁で係争中だが、ハノカル側は韓国内の裁判所では勝訴の可能性が低いと判断し、ISDを提起したという。ハノカル側は「韓国政府が投資保証協定に違反した」と主張している。




IPICは、アブダビ政府が100%を保有する石油関連投資法人。マンスール氏はアブダビ国王の次男で、イングランドプレミアリーグのマンチェスター・シティ球団のオーナーでもある。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。
「サムスンの会長より数百倍お金持ちだというマンスール」
「韓国が払う金額の一部は、マンチェスター・シティの移籍料になるはず」
「韓国政府はこれから、ISDで大変なことになるだろう」
「ついに来たか。予想はしてたが、ショック。韓国政府がどう対応するか、見届けよう」
「まったくどういうこと?驚いた。国の崩壊ってこんなに簡単に訪れるものだったとは・・・」
「マンスールはお金持ちでしょ?いったいなぜ韓国に?今シーズン、新しい選手をたくさん入れるつもり?」
「マンスールがお金持ちだから、もてはやされていたが、どうでもいい。国の財産を取られてしまう」
「本当に韓国政府は無能だよ。こんなことを隠していたなんて」
「負けたら、税金爆弾」
「全世界のATM韓国」
「政府は国民から税金を取り、他国は韓国から巻き上げる。後進国より豊かなことは分かっているが、憂うつ」
「李明博元大統領がやったことだから、彼に支払ってもらえ。税金で払うのはイヤだ」
2015年5月22日(金)12時49分配信 FOCUS-ASIA.COM(編集 MJ)

【関連記事】
韓国政府相手にローンスターが5兆ウォン訴訟…ワシントンで始まる
韓国、TPP参加検討!一方、米韓FTAでは米国の植民地に!?
韓国!軍でもソフトの違法使用?MS、ISD条項の行使も
今度はIMFが韓国を公開糾弾!ウォン安誘導“為替介入”にクギ
韓国“自業自得”の苦境。英ロイズが客船事故の保険支払を拒否
【経済危機】ソウルの若者、3人に1人が失業状態=韓国

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-05-25 02:16 | 政治・経済(1341)