『MERS』さらに感染が拡大!韓国当局の不手際が露呈

「MERS」感染が拡大、韓国当局の不手際が露呈―中国メディア


韓国メディアによると、「中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス」が驚異的な速さで拡大しており、最初の感染者が発見されてから、約1週間で感染者は9人まで増えた。29日付で中国新聞網が伝えた。
感染者は当初、最初の感染者との接触があった家族や同じ病室の患者、医者などに限定されていたが、28日には最初の感染者と10メートル離れた個室の患者の感染が確認された。韓国の保健当局は「空気感染はしない」と発表しているが、これを疑問視する声が上がっている。




韓国保健当局の感染防止対策は抜け穴だらけで、3番目の感染者の息子が高熱を出して診察を受けた後、出張で中国に行っていたことが分かった。この感染者は父親を見舞った後、隔離対象にはなっていなかった。本人が高熱の症状をクリニックに問い合わせた際、「大学の付属病院に行くよう」助言されたのみで、保健当局には報告されなかった。診察した大学の付属病院もすぐに報告せず、この感染者が出国した翌日に当局に報告した。
報告の遅れにより、この感染者と接触のあった同僚や飛行機の同乗者、病院スタッフらが隔離対象となり、感染拡大を招いた。「MERSコロナウイルス」は致死率40%で、有効なワクチンはない。韓国の保健当局は一貫して「感染性は低い」として、適切に対処してこなかった。感染者の娘が自ら隔離検査を願い出たが、保健当局は検査をせず、4日後に感染が確認されたという。
2015年5月30日(土)3時33分配信 FOCUS-ASIA.COM (編集翻訳 小豆沢紀子)

感染者はさらに増え、12人に ↓


MERS感染者12人に 最初の感染者から2次感染=韓国 2015年5月29日(金)23時42分配信 聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国保健福祉部は29日、新たに2人の中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)コロナウイルス感染者を確認したと発表した。韓国人の感染者は12人に増加した。
 感染が確認された2人は国内最初の感染者と同じ病棟にいた患者で、ともに最初の患者から感染した2次感染者だ。

【関連記事】
日本大使館も最大級の警告!韓国で3人がMERSに感染!!
韓国でシラミや肝炎、肺結核等、伝染病が流行!?経済低迷が原因か
韓国で移民騒動が勃発…結核を放置のまま強制労働
ソウルのクラブ街「弘大」で日本人女性レイプ情報相次ぐ=韓国
韓国での出産は危険?48自治体、産婦死亡率は70年代水準
なぜか病気が異常に多い韓国!自殺原因の2割は「病苦」

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-05-30 08:22