2002年W杯の韓国戦、「主審の買収」が確定・・イタリア紙報道

02年W杯の韓国戦、「主審の買収」が確定・・イタリア紙が報道―中国メディア


イタリア紙コリエレ・デロ・スポルトによると、02年ワールドカップ(W杯)の「韓国寄り」審判の2試合をめぐる不正疑惑について、両試合とも主審が買収されていたことが明らかになった。1日付で新華網が伝えた。
問題視されていたのは、1回戦の韓国対イタリア戦と準々決勝の対スペイン戦。イタリア戦ではエクアドル人のモレノ主審が、韓国の1点リードで迎えたアディショナルタイムで、イタリア選手に反則で退場を言い渡し、イタリアは10人で戦う羽目に。その後もモレノ主審はイタリア選手の反則をとり、イタリア側が決めた得点もオフサイドで無効とした。試合は韓国が勝利して準々決勝に駒を進めた。

準々決勝の対スペイン戦ではエジプト人のガンドゥール主審が、アディショナルタイムでスペイン側が決めた得点をやはり無効とした。韓国はPK戦でスペインを破り、4強入りを果たした。コリエレ・デロ・スポルト紙は「両試合とも主審に問題があったことを表す証拠がある。いずれも韓国が受益者だった」と報じた。
スペイン戦のガンドゥール主審は、先ごろ米司法当局に起訴された国際サッカー連盟(FIFA)元副会長のジャック・ワーナー氏が送り込んだ人物。イタリア戦のモレノ主審はこの試合直後に引退し、11年9月に麻薬売買で懲役2年6月が言い渡されている。
2015年6月1日(月)18時17分配信 FOCUS-ASIA.COM (編集翻訳 小豆沢紀子)

【関連記事】
「W杯韓国ベスト4進出は八百長!?」元FIFA副会長の韓国人
韓国サッカー!八百長関与の韓国41選手、FIFAも永久追放
IOC理事に「親韓派」ゾロリ、五輪除外の裏に「韓国マネー」か
ブラジルサッカーW杯で韓国系マフィアの大規模売春組織が暗躍中
Jリーグ史上最悪の反則、韓国代表DFが金崎の顔面を踏みつける
韓国人こそ歴史を学べ!W杯スタジアム建設費用も返さない韓国 他
地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-06-02 01:30 | 政治・経済(1341)