【経済危機】韓国経済、袋小路?・・・あれやこれやの「悪材料」

韓国経済、袋小路?・・・あれやこれやの「悪材料」=韓国メディア


 韓国メディアの聯合ニュースは14日、韓国経済において「生産・消費・投資・輸出」の4部門が不振となっているなか、「MERS(中東呼吸器症候群)コロナウイルス」の直撃までうけ、さらに干ばつが深刻化しているとし、韓国経済は今、「泣きっ面に蜂」状態であると報じた。

 記事によると、現在、韓国国内の経済を最も脅かしている悪材料はMERSだと指摘。6月に入り、感染者が急速に拡大したMERSは、輸出が5ヶ月連続で減少するなかで回復の兆しをみせた内需を急激に凍らせたほか、小売売上高においても、MERSの感染者が確認される前までは増加していたものの、確認された後には、一気に減少。デパートと大型スーパーの売上高は16.5%と3.4%の減少を見せ、映画館の入場者数と遊園地の入場者数はそれぞれ、55%と60%減少したと伝えた。




 続けて記事は、今後もMERSの感染拡大が続けば、夏季休暇などにおいて、団体イベントなどの延期、キャンセルは増加するほか、大手企業においても生産現場にMERSが拡大することを恐れて、やむをえず、生産施設の稼働を停止する場合もあるだろうと報じた。

 また記事は、韓国国内では、今年に入ってから続いている干ばつのせいで、農家や庶民の家計事情もさらに厳しくなっていると指摘。韓国農水産食品流通公社の8日の集計を見ると、一年前と比較した野菜類の平均卸価格(1キロあたり)は、キャベツが185%の値上がりをみせたほか、ネギは120%、ほうれん草は54%、玉葱は48%、大根は41%であったとし、これら値上がりが消費縮小などにつながっていると報じた。
 加えて記事は、韓国国民の家計負債について言及。韓国銀行が最近、基準金利を過去最低水準である年間で1.5%に引き下げたが、すでに1100兆ウォン(約121兆円)を超えている家計負債は、ますます増えるものと見られ、深刻化していくだろうと伝えた。

 さらに記事は、韓国経済において、対外要因として最も脅威となるのは「米国の年内の利上げ」であると指摘。韓国は他の新興国とは違い、外貨準備高、経常収支の黒字など、対外の健全性は良く、大きな心配はないという見方である一方、新興国で通貨危機が発生した場合、韓国内でも大規模な資本流出が発生する可能性を排除することはできないとし、緊張の糸を緩めることができないと伝えた。
 最後に記事は、韓国の輸出の足かせとなっているものとして「世界景気の鈍化と円安」をあげたほか、中国と新興国の経済状態も良くないとし、新興国の景気が鈍化することにより、すでに低迷している韓国の輸出はさらに悪化するであろうと報じた。

 これらに対し、韓国開発研究院(KDI)のキム・テソン研究委員は「家計負債がすぐには問題とはならないだろうが、どうなっていくかわからない事案だ」と述べたほか、韓国・延世大学のキム・ジョンシク教授は「2004年に米国の金利引き上げ時には、韓国は国内の景気浮揚策として金利を引き下げたが、危機を経験した」とし「米国が15年9月から10月に金利を引き上げたら、韓国は国内の金利はどのように運用するのか、綿密な計画を立てなければならない」と述べたと報じた。
2015年6月17日(水)6時23分配信 サーチナ (編集担当:木村友乃)



韓国で激減する中国人旅行客! 人気の観光スポットでさえ人影もまばら・・・MERSが原因=中国メディア

 中国メディアの新聞晨報は13日、MERS(中東呼吸器症候群)コロナウイルスの感染者が拡大する韓国において、仁川国際空港を利用する中国人旅行客の数が激減し、MERS発生前から1日2万人から400人にまで減少したと報じた。
 記事は、韓国メディアの報道を引用し、MERSが沈静化しない韓国では旅行業だけでなく、衣食住のあらゆる産業が深刻な影響を受けていると指摘。さらに、韓国済州(チェジュ)島ではMERS感染者が1人も確認されていないにもかかわらず、済州島の経済も直接的な打撃を受けていると報じた。
 続けて、済州島内で中国人旅行客に人気の高かった観光スポットでは中国人はもはや数えるほどしか見かけられない状況であることを伝え、現地では「6月初旬から中国人旅行客が激減した」との声があがっていることを紹介。済州島では9日までに韓国人3万5000人、外国人3万2000人あまりが旅行をキャンセルしたという。

 さらに、済州観光公社の見解として、国外でMERSが大きく報じられたことで多くの中国人旅行客が旅行をキャンセルしたと伝え、「観光業が経済活動の73%を占める済州島にとって、観光客がいなくなることは島の経済に壊滅的なダメージをもたらす」と論じた。また、旅行で訪れる人が減るということは「航空会社にも打撃となる」と伝え、韓国のある航空会社では10日間で1万8000人の中国人旅行客がキャンセルしたと紹介し、東南アジアでは1万1000人が、日本では7600人以上がキャンセルしたと報じた。
 続けて記事は、韓国の内需に大きな影響を与えた旅客船沈没事故よりMERSの影響のほうがより深刻だと伝え、百貨店やレストランでは客が減少していることを紹介。さらに韓国経済研究院の発表を引用し、6月中にMERSが沈静化した場合の経済損失は4兆ウォンに達し、8月末までMERSの影響が続いた場合の損失は20兆ウォンに達し、15年の国内総生産(GDP)を1.3ポイント押し下げる見込みだと報じた。
 そのほか、韓国ではMERSに対して国民の不安も高まっており、MERSで死亡した人の多くが高齢者だったことから「韓国では免疫力を高めることに注目が高まっている」と紹介。ネット上ではMERS感染を予防する方法として「キムチを食べると良い」との噂が広まり、キムチの売り上げが伸びていると伝える一方、専門家からは「キムチでMERS感染を予防できるという噂には根拠はない」との指摘があると伝えた。
2015年6月16日(火)11時39分配信 サーチナ (編集担当:村山健二)

【関連記事】
【経済危機】円ウォン為替レートが7年余ぶりに最安値を記録(短期・長期チャートあり)
今度はIMFが韓国を公開糾弾!ウォン安誘導“為替介入”にクギ
韓国版「サブプライム」に例えられた住宅担保ローンの深刻
円安・輸出不振にあえぐ韓国、「メイド・イン・コリア」に危機
ウォン高・韓国にジワリ迫る「輸出氷河期」 23万人雇用消失も
韓国、MERSの次は124年ぶりの大干ばつ=MERSよりも深刻!?

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2015-06-19 02:26 | 政治・経済(1341)